夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 庭の野バラが咲いた。 北の気候では遅咲きの野バラが一斉に花開く。
 アリアは庭用ナイフを手に、もう片方の手で野バラの花を撫でた。
「つ…」
 小さな刺に指をあてたらしい。 指先を押すと赤い点が膨らんでいった。
「見事に咲いたな」
 背後の声に振り返る。 めずらしくラースローが庭におりていた。 朝日がまだ登りきっていないしらみかけた空に目を細めている。
「おはようございます」
「刺をさしたのか」
「あ、ええ」
 あわてて指先の血を嘗める。
「見せてみろ」
 朝の庭で姿を見るよりももっと驚く言葉だった。
「大した事はありません」
 アリアがそう言って手を隠すと、ラースローは眉をしかめ、口端を引き締めていた。
『まずいな、怒らせたかな』
 頬に赤身が走っている。
『?』
 そういえば機嫌が悪いときのラースローは感情のままに怒っていた。 関心が無いときは無表情で冷たく言い放す。 しかしこの状況は今までにないことだった。
「ラースロー様?」
「バラを切ろうとするからだ。 そのままで咲いている方がよっぽど見栄えがするものを」
 言い終わらない内に背を向けて屋敷の方へ歩いていくラースローを、アリアはあぜんと眺めた。
「なにしに来たんだ、あの男は」
 野バラに目を戻す。うすピンクと黄色い花びらが朝日にきらめく波のようだ。 思わず見とれて、花を切るのがためらわれて、手を伸ばして花を撫でていたのだ。 この花はここに咲いているのがいい。 屋敷の中の豪華な花瓶に生けられるよりずっと。 同じような事をあの男は言った。 アリアは指先にチクリとした痛みを覚えた。
 昨日のオレアルの用件は分からなかった。 馬を走らせて、丘陵地帯の草原に腰を下ろし、お茶を注いだときも、ラースローから何の反応も見られなかった。
 それにしても、よくあの男が自分の提案を受け入れたものだ。 宮廷以外は滅多に外に出ないラースローが昼間、しかも馬に乗って黙って走らせた。
 穏やかな午後だった。 口も開かずに空と風を眺めた。 流れる雲が美しい夏の空を描いていた。
 何も聞かなくていい。 今だけは。 そう、今はこの空を眺めよう。
 ラースローの風になびく髪と端正な横顔。 しかし灰味かかった薄茶色の瞳はなぜか闇を連想させた。
スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/66-adc3b181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。