夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 厩の隣の物置小屋に目をつけたアリアは、まず木箱の簡易ベットを造った。 屋敷の中の使用人部屋は三人部屋だ。 朝早く起きるのに皆を起こしてしまうからと、適当な理由を作り上げて物置に部屋を貰ったのだ。 ネズミや虫が出てきそうだが、男達との同居に比べたら天地ほどの差がある。 夏の間だけなら壁の隙間も気にならない。
 寝床が出来たところで屋敷に戻った。 もうひとつの仕事場を聞く。1階の居間の奥にある、北側の部屋だ。 重い扉を開けると、高い天井が見えた。 その壁には隙間がないほど棚が造りつけてあった。 床は床で、いろんな本が積み重ねてある。 本と言っても紙で出来たものより、羊皮で出来たものが多い。 古い文献なのだろう。
「その赤い表紙の本を渡せ」
 アリアの頭上で声がした。 振り向いて見上げると、梯子に乗った男が手を出している。 慌てて床にある赤い表紙の本を手に取って、男の手に渡した。
 男はアリアから本をもぎ取ると、棚へと移す。 綿のシャツと地味な色のズボンを着た男は若い。 淡い胡桃色の髪。 細い手首。 男がまた振り向いて、
「そこの束だ」
 と言った。 男の冷たい眼差しを見て、アリアはあっと小さく声をあげた。
「あんた…、あんたもここで働いてるのか?」
 タニアの郊外で助けた、落馬したあのやたらに綺麗な顔立ちの男だった。
「早く取れ」
 慌てて床から拾い上げて手渡す。 両手で受け取り、アリアの問いを無視して戸棚に向きなおる男。
「足と肩はもういいのか?」
 それでも黙っている。 人違いだろうか。 ならばそう言うだろう。
「あのとき、頭も打ったのか? 忘れたにしては本のことは詳しそうだ」
 男はじろりとアリアを睨む。 あのときと変わらない表情。 だが別れる時は和やかだったはずだ。
 そのとき扉が開いて、家令が入ってきた。
「やはりここでしたか」
 男を見上げて家令が言う。 そしてアリアに向かった。
「なんでおまえがここにいる」
 先ほどの一件が苦々しいのか、声に刺がある。
「自分の仕事場所を見ておこうと思ったんです」
 アリアの答などはなから聞く気はないらしく、痩せた中年の家令は男に用件を言い始めた。
「ご返事をすぐに」
「いま忙しい」
「しかし…」
「うるさい」
「わかりました。 ではわたしが代わりに返事をいたしましょう。 もちろんご出席でございますね。 お断りになるはずがございますまい」
 王宮、夏の宮の開催の宴の招待についてである。
 アリアは家令と男を交互に見た。 この屋敷の使用人の長である家令が敬語使う相手。
「それから、この者は今日新しく入ったアーリアンと申す者です。 馬の世話と、ここの管理をまかせました」
 そう言われてアリアは思わずペコンと頭を下げた。 家令は足早に出て行く。 男は苦虫を噛みつぶしたような表情をしていた。
「もしかして、あんたがラースロー…様」
「だとしたら、どうだというのだ」
「どうってことはないけど…、びっくりした」
 つい、会ったときの言葉使いが出て、慌てて言い直した。
「失礼しました」
「ふん」
 ラースローは梯子から下り、手をはたいた。
「すごい本ですね。 まるで引っ越しのような」
 夏の間だけの量とは思えない。 書室の飾りにしては種類が多岐にわたっている。
「あとはおまえがやれ。 今日中に片づけろ」
 ラースローは袖のリボンを締めながら、奥の部屋へと歩いて行った。 神経質そうな性格は元来のものなのか、ラースローの眉間はしわがよったままだ。
「せっかくのきれいな顔が、あれじゃあ台無しだ」
と呟く声が聞こえたのか、ラースローはいきなりアリアを振り向いた。
「アーリアンと言ったな。面白い顔をしている。 この先が楽しみだ」
 初めて見せる笑顔は、明らかに冷笑の類のものだ。 アリアはその笑いに戸惑いながらも言葉の意味を考えた。
『面白い…? 誰だってあんな顔と比べたら道化に見えるさ』
 ラースローの姿はもうなかった。 アリアは腰に手をあてて床に積もれた本の山を眺める。
「今日中だって? まったくタチが悪いったら」
 しゃがみ込んでひとつを取り上げた。 哲学書。 こむずかしい本を読んでいる。
 眺めていてもしょうがない。 と分類事に適当に棚に放り込む。 後で何か言われるかも知れないが、気にしていたら今日中には終わらない。
 しかし、アリアと思う。
 あのときの線の細い男がラースローとは。
 意表をつかれた。 父の仇であるかも知れないのに、親しみを覚えてしまったことに舌打ちをする。 騎士というより学者肌に見える。 クレメンテの神学校を出たと言うのも納得できる。 出てからも学ぶ事はやめなかったのだろう。 それにあの容姿。 顔かたちだけを見れば確かにもてるのだろうが、あの性格では真実かどうかはわからない。
「まあ、わがままな女もそれなりにもてるからな」
 気になるのはあの家令の態度だ。 自分の主人に対しては随分威圧的だ。 言葉遣いは丁寧だが、はしばしに有無を言わせないものがある。なにしろ初対面のアリアに馬をねだるようなやつだ。 オレアルの屋敷にいる間もあんな扱いをうけていたのだとしたら、ひねた性格になるのも無理はない。
 そんなことを考えながら、アリアは台所で食事をする以外は書室に篭もり、一晩かかって本を整理した。 途中、呪詛に関する書物を探したが、それらしいものは見つからなかった。 歴史と哲学、語学、貿易経済、戦記物、医学、アリアのわからない文字で書かれた物。 これでは何が手がかりなのかもさっぱり分からない。 アリアはこの屋敷に来て二度目の深いため息をついた。
スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/46-0cca4c42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。