夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

鏡は布由に促されるままに宮を出た。
日差しがまぶしい日であった。初夏の緑が匂い立つようであった。
「お暑うございませんか。領巾(ひれ)を用意いたしましょうか」
布由が先を行く鏡に声をかける。
「必要ないわ」
確かに暑いが、どうしてか今は陽の光を浴びたい気がした。陽の光の中へ歩いていく。

前方から馬に乗った者がこちらに向かってくるのを、鏡も布由も見つけた。布由がそっと鏡の前に立つ。
「林臣様」
近づいてくる人物の名を、布由がつぶやいた。
「宮に上がっておられたのか」
鞍作は馬から下りて手綱を引きながら太く響く声で言った。
「今、鏡姫王の屋敷に桃を届けたところだ。甘くて美味い。桃は長寿の素と言うが、本当なら是非鏡姫王にめしあがってもらいたい」
朗らかな笑みであった。梅雨が明けてまだ間もないというのに、鞍作の顔はすでに日に焼けていた。
「困ります」
そう言ったのは布由だった。
「困るとは?」
「そのような貴重な果実を、大王への贈り物ならともかく、姫王は大王に仕える巫女でございますのに」
これ以上近づかれては、鏡姫王にその気がなくともあらぬ噂が立てられる。そう言いたいところだったが、布由ははっきりと言うことができなかった。
「大王には既に届けてある。案ずることはない」
鞍作は布由に笑顔で答えた後、鏡に向かって言った。
「鏡姫王は桃はお好きか?」
その問いに鏡は答えかねた。答がないのを勘違いしたのか、鞍作はさらに言った。
「何がお好きかな。他の果実では? 果実が嫌いなら花か。それとも玉がいいか。鮮やかな衣はどうか?」
何が好きかと言われても、鏡はただ困惑するだけだった。
花は、ただそこにあるものとしてでしか受け入れたことはなく、玉も形や光沢や色が優れたものが高価なのであり、それが美しいという意味だと思っていた。衣も同じで、食に限っては何であろうと腹を満たすだけで他の意味を考えたこともなかった。人々が言うから美しいのであり、美味いのであって、鏡は特段それらを好きとも嫌いとも判断したことはなかった。

なぜだろう。鞍作に聞かれると、今までの自分感覚が奇異なものに思えてくる。花は花だから美しいのではないか? それがどうして好き嫌いに結びつく?

「なぜそのようなことを」
鞍作への答の代わりに、鏡はそれだけ言った。すると鞍作は笑って
「決まっている。姫王の喜ぶ顔が見たいからだ」
と言った。
「ものを好き嫌いでみたことはございません。どうぞおかまい下さいませんよう」
鏡はそう言って鞍作の横を通り過ぎた。一瞬、鞍作の顔に落胆の表情が走るのが見えた。鏡の心の奥がキリっと音をたてたように感じた。
「鏡様」
布由が後を追いかけてくる。
「お礼も言わずに来てしまいましたわ。せっかくめったに口にすることがない桃を戴いたというのに」
布由の口調にはどこか鏡を非難する感が含まれていた。
「額田が待っているわ。早くしましょう」
鏡は布由をたしなめるように歩調を早めた。

スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/157-2326b31d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。