夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

毛人は自力で屋敷に戻った。傷は大したことは無かったが、装飾用の刀で切られたせいで、なかなか傷口がふさがらなかった。
夜、豊浦の屋敷に赴いた鞍作に、毛人は事の経緯を話した。
「とうとう血迷いましたか。あのお方は」
傷の浅さに安堵しながらも、鞍作は山背大兄王への軽蔑の念を表した。
「斑鳩はほおっておけ。いずれ忘れ去られ、臣下に落ちよう」
「わたしとしては、許せませんが」
鞍作は憮然とした表情を隠さない。
「何があっても、このことは知らぬ顔で通せ。斑鳩が何を言ってきても、わしは療養中だと申せ。よいな、大郎」
「こちらに非があるわけではない事ですけどね、仕方ない」
「それと」
と、毛人は鞍作に紫冠を渡した。
「この傷ではしばらく人前に出られぬ。おまえが大臣の代わりとなって、参議をまとめよ」
渡された紫冠を手に、鞍作は父の顔を見た。
「それこそ人々の反感を買いますよ。斑鳩よりも大王との対立こそ、納めなければならない時でしょう」
「大王のことは、わしに任せておけ。おまえは大臣の位について、好きなように進めるがいい。このところの半島の動きに対応できるのは、おまえぐらいしかおらんだろう」
あれほど自分の考えを註してきた父が、好きなようにやれとは。鞍作は、父毛人の老いを感じ取った。
「阿倍の娘は元気にしているか」
前年、鞍作と婚姻した阿倍氏の娘は、鞍作の子を身ごもっていた。
「順調ですよ。予定通り翌月には生まれます」
「子供は多い方がいい。大事にせよ」
その言葉にどれほどの思いが込められていたのだろう。鞍作は笑って、毛人を横たわらせた。
 
翌朝、鞍作は紫冠を戴いて朝参した。
予想していたとおり、他の重臣たちは若い鞍作の頭上にある紫冠について、小声で、時には聞こえるようにざわめきあった。
大臣の座にいる鞍作は、床の一点だけを見つめていた。やらなければいけない事が自分にはある。そのためには、これくらい何ともないと思わなければならない。そんな風に鞍作は自分に言い聞かせていた。
大王が高座に現れ、皆がひれ伏した。
「豊浦大臣はどうしましたか」
宝皇女の声が、鞍作の頭上に響いた。この場にいる一同が、鞍作の言葉に息を潜めた。
「父毛人は病のため、しばらく休養を戴きたいとのことでございます。毛人になりかわりまして、しばしの間、この鞍作が紫冠を預かり、参議に参加いたしとうございます。若輩ではありますがよろしくご指導のほどお願い申しあげます」
鞍作は低い声で、はっきりと言った。落ち着いた態度であった。しかし宝皇女は納得しなかった。
「紫冠の譲位を許した覚えはありません。蘇我大郎鞍作。参議に出るなら紫冠は豊浦大臣に返すように。返さぬならこのまま席をはずしなさい」
一同のざわめきが聞こえた。
「大王の仰せとあらば」
紫冠を脱ぐことを誰もが予想した。が、鞍作は黙って席を立った。
「失礼いたします」
立ち去る鞍作の姿は少しも卑屈ではなく、むしろ堂々としていた。
鞍作が去った後、しばらく参議はざわめいていたが、本日の議は中止とする言葉を発し、宝皇女も席を立った。鞍作はすでにこの場にいなくてはならない存在であった。紫冠があろうとなかろうと、鞍作の発言は大きく、議をまとめる力は優れていた。鞍作がいない議はやるだけ無駄だと何よりも宝皇女が知っていたのである。しかし鞍作が大きく成長すればするほど、宝皇女の苦痛は増した。

スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/147-ec8cd176

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。