fc2ブログ

夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。


馬子没後、目に見えて衰弱していた小墾田宮大王(おはるだのみやのおおきみ)(推古天皇)は、たびたび大臣蘇我毛人を呼んで先の行方を案じた。

中継ぎのはずであった小墾田宮大王は思いのほか長く生き、自分の息子の竹田皇子、訳語田宮大王の長子押坂彦人大兄皇子、執政の厩戸皇子等、後継者であった者達を次々に亡くした。小墾田宮大王の子の代の有力な皇子たちに大王を託すことが出来なかったのである。小墾田宮大王の失意は、馬子を失ってさらに追い打ちをかけられていた。しかし時期大王を決めなければいけない。これが女帝の最後の為すべき仕事であった。

「斑鳩はどうしている」
大兄を称している山背王の宮の様子を小墾田宮大王は聞いた。
「相も変わらずといったところでございます」
毛人は淡々と答える。毛人にとって山背大兄王は同母妹の息子、血の濃い甥に当たる。妹の刀自古(とじこ)は既に世にはいない。確かに厩戸皇子の長子であるだけに知名度はあったが、毛人はこの甥をそれほど買ってはいなかった。逆に馬子に言わせれば大王に才や力などはないほうが御しやすい。しかも父厩戸皇子は民まで名が知れ渡っている。山背大兄王はその点では蘇我にとってこれ以上ない大王候補であった。

「相変わらず外には出ず、言いたい事をいっておるのか」
それには答えずに、毛人は頭を下げた。
山背大兄王は朝参にも出ず、斑鳩の宮に兄妹や妻子と共に過ごしている。山背大兄王の言葉は異母妹であり正妻でもある舂米女王(つきしねのおおきみ)の祖父、膳部氏によって伝えられた。それらは実際に政事には関係の無いことばかりで、正直なところ、毛人も小墾田宮大王も山背大兄王にはうんざりしていた。山背大兄王は偉大な父の庇護のもとに育てられ、廻りからちやほやされた世間知らずの貴公子だった。

山背大兄王を可とも否とも言葉にしない毛人の態度は、小墾田宮大王にはやっかいなものだった。何を考えているのか掴みきれなかった。馬子は思った事を押し進める強引さがあり、多少の反発はあったものの、馬子や厩戸皇子のやることに大王としての不都合はなかった。安心しきってもいた。彼らと比べると、毛人はどこか頼りげなであり、大臣である毛人がはっきりと言葉にしない分、全ての決断を大王である自分がしなければならないようでもあった。  
高齢で衰弱していた小墾田宮大王には大きな負担であった。

「その点、田村は何かと人望を集めているそうな」
「宝姫王を娶った事で、また人気を得ました。夫を無くした宝姫王を娶りいたわる姿が、過去にこだわらない心の深いお方だと」
「ふむ…」
小墾田宮大王は扇で緩やかな風を自分に送った。それさえも億劫そうであった。
「さて、どうするかのう…」

小墾田宮大王は自分の死期が近いと悟ったころ、病床に田村王を呼び、継いで山背大兄王を呼んだ。
田村王には「大王の位は大任である。充分慎んで察らかにせよ」と言葉をかけ、山背大兄王には「汝は心が未熟である。必ず群臣の言葉を聞いて従え」と言葉をかけた。曖昧な言葉であった。取りようによってはどちらが大王になってもいいようであった。

群臣達は揺れた。この先どちらにつけば自分達が有利なのか。
田村王が先に呼ばれたのは、田村の方が山背より七歳ほど年上であったからだ。壮年の三十六歳、人格の評判も田村の方が勝っていた。小墾田宮大王は若い山背にもっと人望をあつめるよう諭したに違いない。毛人がそれを一番良く知っていた。
しかし当の山背大兄王は女帝の言葉を過大に解釈して吹聴した。自分が大王になるのだと信じて疑わない様子であった。それをあおったのが毛人の叔父の境部摩理勢(さかいべのまりせ)であった。山背大兄王はあせっていた。蘇我総領の毛人が上宮王家から離れている事を感じとっていた。蘇我に守られての山背大兄王である。蘇我が手を引けば大王になれない事は明白であった。この際味方は多い方がいい。山背大兄王は摩理勢に傾倒しつつあった。

その年の春 小墾田宮大王崩御。

歳七十五。三十五年の長きに渡る在位であった。

スポンサーサイト



 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/136-c3908caa