夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
蘇我大郎鞍作(そがのたいろうくらつくり)

稲目から数えて馬子、毛人につづく蘇我宗家の嫡子である。鞍作が名で大郎は長男の意味を持つ。宮中では専ら林臣(はやしおみ)で通っていた。林は母方の性で、父毛人から半年前に紫冠(大臣職)を継いだことから林臣と呼ばれる。祖父の馬子は島大臣(しまのおおおみ)、父毛人は豊浦大臣(とゆらのおおおみ)と、それぞれ居住地の名で呼ばれてきた。紫冠を継いだのなら鞍作も林大臣と呼ばれても良かった。
鞍作の行動力と発言力は、父、豊浦大臣よりも大きく、勤勉で博識なところは他の臣の及ぶところではない。立派に大臣職を果たしていると言っていい。にもかかわらず林臣に留まるのは、まだ豊浦大臣が存命であること、紫冠の譲渡がはじめ大王の勅を得ずに行われ反感をかったこと、彼がまだ二十八歳の若さであることによるものであった。鞍作の宮中での扱いは豊浦大臣の代理としか認められていなかった。
紫冠を授かる前から、鞍作は他の群臣の子弟より抜きんでていた。唐帰りの僧(みん)の開いた学堂に通い、わずか十八歳で僧旻のもたらした教えを習得したという。武芸にも優れ、賊の多い大路を夜ひとりで歩いていても、賊の方が避けて姿を見せないほど鞍作の腕は知れ渡っていた。
日に焼けた立派な体躯、濃い眉に切れ長の大きな目。堂々たる偉丈夫の鞍作は、痩せた細い体つきの毛人より祖父馬子の血を色濃く継いでいるようにみえた。
その毛人との対比を元につけられた周知の名が鞍作にあった。

蘇我入鹿。

蘇我毛人が蝦夷と同音でならぞえられるように、入鹿と言う名もまた鞍作に対するあだ名だった。
蝦夷とは東国を指す言葉である。東国にはまだ飛鳥の大和朝廷に服しない古くからの民族が存在する。大和朝廷は過去に幾度もこの蝦夷討伐の兵を差し向けているが、東国を平定するまでにはなかなかいたらない。
蝦夷はその勇敢さと毛深く男らしい容姿から毛人とも呼ばれるが、東方の醜い夷、または蝦として蝦夷と蔑称される。

「あの毛人老の髭といい、丸まった背といい、海老そのものだ」
「豊浦大臣が海老なら、体の大きい大郎は同じ海の生き物に例えると、さしずめ海豚(いるか)というところだな」

そんな群臣の陰口が次第に広まった。当然そのあだ名は当人の耳にも入ったが、当人達は大して気にもせずに、あだ名を容認している形となっていた。
陰口は、裏をかえせば蘇我家に対する羨望の証でもあった。大王家に匹敵する財と兵を持ち、発言権を有する蘇我家は、馬子時代に比べるといくらか力が衰えたといえども、まだまだ豪族の頂点に立つ存在であった。 
小墾田宮大王(おはりだのみやのおおきみ)(推古天皇)崩御後の次期大王決定時、毛人のとった態度は優柔不断とも見られたが、鞍作が政治に顔を出してからは、鞍作の頭脳と決断力に誰も正異論を唱えることが出来なかった。毛人が政治を裏から外から治めようとしたのに対し、鞍作は正面から切り込んでいく。鞍作の歯に衣をきせぬ物言いは、正論であるがゆえに人々の目からは時には傲慢ともうつるものであった。
そんな鞍作を、毛人はたびたび諌める。
「あまり目立った行動はするな。誰もが蘇我家の弱みを握ろうとしているのだ。おまえのとった行動ひとつで、蘇我家が滅びる事も有り得るのだぞ」
「心配なさいますな、父上。礼はきちんと尽くしてます」
「そこがまた抜け目ないと言われる。先の事件はまだ生々しく人の心に残っているぞ。これ以上身内を殺されるのは」
「わかっていますよ」
鞍作は昨年、妻子を亡くしている。表向きは事故となっているが、蘇我の調べでは事故に見せかけた暗殺だった。

それだけではない。

鞍作は毛人の長男となっているが、本当は次男である。
毛人には公然の秘密として高向王(たかむくのおおきみ)という王名をもつ息子がいた。


ひとくちメモ[蘇我入鹿と蘇我蝦夷について]

この二人の名は蔑称だという説を唱えたのは門脇貞二氏です。
一理あると思います。それを題材に杉本苑子氏は小説を書いていますね。
ま、蝦夷という名は他にも名乗っている人がいる、ということで蔑称説は論破されてもいます。

私個人はどちらとも言えませんが、この小説の中では、蘇我入鹿の本名を鞍作とさせていただいています。
蝦夷も毛人のほうがなじみがあるし…。
小説をより面白くしたい。というのが基本的なスタンスですので、優柔不断にいろんな説を取り入れたりしています。ご容赦ください。

スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumenohazama.blog69.fc2.com/tb.php/132-67f6d218

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。