夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

山背大兄王(やましろおおえのおう)は大王の再三の忠告にも耳を傾けなかった。
近従の者達は、毎日のように独り言を言って歩く山背大兄王の姿に、不安を感じていた。このままでは大王家に討たれてしまう。主に忠言するものもいたが、山背大兄王はうわごとのように
「蘇我が報復に来る。毛人が吾を切りにくる」
と繰り返していた。
「毛人、吾のせいだと言うのか。吾が大王になれないのも吾の責任だというのか。毛人の息子らが死んだのも、全て吾が…」
山背大兄王はつぶやくのをやめ、歩みを止めた。
「息子ら…?」
『毛人も哀れなものよ。息子に次々死なれて』
山背大兄王の耳に摩理勢の言葉がよみがえった。あの時はさして気にもとめなかったが。
山背大兄王はまたぶつぶつと独り言をつぶやきながら、部屋の中を歩き回っていた。

軽王(かるのおう)は大王宝皇女の令をもって斑鳩を取り巻く兵を送った。命を出したのは宝皇女だが、実際には軽王が親戚の息長氏にたきつけられて挙兵を宝に迫ったのである。

蘇我馬子の時代から斑鳩という地は、朝廷にとって目障りな存在であった。半島の使者は難波の津に上陸したあと、必ず斑鳩を通って飛鳥宮へ向かう。大陸や半島の情報は朝廷にもたらされる前に、斑鳩が吸収するのである。壮麗な宮や斑鳩の寺は、ここが朝廷か、使者に思わせる。それがそもそもの軋轢でもあったのだ。
先帝岡本宮大王が百済大寺を建て、九重塔を建てたのも、元は斑鳩寺に対抗するためでもあった。だが、地の利だけは斑鳩に叶うべくもなかったのである。

軽王は息長系の春日氏だけではなく大伴や阿倍氏などもの兵も差し出させていた。
「蘇我にも責任はあろう。人を出させよ」
大王の言で蘇我もとうとう人を出さざるを得なかった。
鞍作は武装はせず、家人らと蘇我系である高向国押と東漢氏をつれて斑鳩の里に赴いた。
「なんだ林臣、その恰好は。やる気はあるのか」
舅である阿倍倉梯麻呂が叱咤した。
「やる気などありません。最悪の事態を避けたいのでね」
「だらしがない。娘と生まれる子のために、手柄の一つでもたてて見よ」
「手柄は軽王にお任せ致します。あちらにも義父上の媛と孫がおありでしょう」
平服のままの鞍作は、腕組みをしながら斑鳩宮の方向を眺めた。

上宮では幾重にもとりまく兵を目の当たりにして騒然としていた。
「大兄様、もはやどうにもなりません。兵を解き、大王にお詫びを」
「うるさい!」
「兄上!」
厩戸皇子の子の殆どがこの斑鳩に山背大兄王子と共に住んでいた。それは上宮王家の財を分割させず、巨大な富を維持するためであった。 
「到底我らに勝ち目はありません。兵を解くか、さもなくば逃げるかです」
「逃げるしかありません。兵を解けば、それに乗じて、大王の兵が流れ込みましょう。こうなった以上上宮王家は取りつぶされます」
「平群はどうした」
「平群の兵はとっくに引きましたっ」
山背大兄王を担ぎあげようとしていた平群氏は、すでに自分の領地に引き上げていた。落ちぶれた平群氏の分家が、かつての大豪族の地位を取り戻す夢を見ただけのことである。蘇我家に対抗するなどと無理な話なのだ。山背大兄王が大王の反感を買った今、平群氏自体を滅亡に追いやるわけにはいかない。大王が介入した時点ですでに多くの氏は上宮王家から手を引いていた。
最後まで宮で渋っていた山背であったが、引きずられるように宮を抜け出し、生駒山へと逃げた。

「山背大兄皇子は生駒山へ逃げた様子です」
追跡を開始する軽王。
鞍作は高向国押を生駒へ使わし、上宮王家の方々を見つけたら、密かに難波に逃すよう命じた。上宮王家を滅ぼすことはしたくない。何よりも父、毛人が悲しむと思った。それにこの責任は誰かがとらねばならない。痛くもない腹を問われるよりは、上宮王家と大王家を取りなす方がよっぽど楽だと思った。
しかし、この策は裏目にでてしまった。
高向国押が追跡の手にあることを知った山背大兄王は、おびえ震えながら、また斑鳩の宮に戻ったのである。
「国押が来た。高向王の養家の高向が。仕返しに来たのだ。吾に高向王を殺されたと毛人に吹き込まれて…」
「何を言っておられるのですか、大兄様」
舂米女王が狂った姿の山背大兄王の裾にすがった。
「高向国押は、漢人のためにこの宮敷の財を奪いに来たのだ。蘇我毛人がそうさせたのだ」
ぶつぶつと独り言を繰り返しながら、山背大兄王は燭台に手を伸ばした。
「おやめください! 大兄様!」
「たれか、たれかはやく大兄様をお止めして!」
すがりつく妻や妹達を振り払い、山背大兄王は燭台の炎を、次々に館に移していった。
「やるものか。この財を、父が残した上宮王家を。漢人なぞに、大王なぞに」
炎の中に、山背大兄王の悲鳴のような笑い声が聞こえたが、焼け落ちる轟音にのまれて消えていった。

「斑鳩が燃えている…」
「上宮王家が滅んだ」
厩戸皇子が作り上げた上宮王家は、たった二代で消え去った。一族全てを炎に焼かれて。
その報を聞いた毛人は立ち上がって北の空を見た。
「馬鹿な…、あれほどほおっておけと言ったのに…」
毛人は北の空を何時までも見つめていた。


スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→
毛人から鞍作への紫冠譲渡は、大王の勅を得て、正式なものと認められた。息長系氏族は、突然の皇女宝の心変わりにとまどった。が、宝皇女の生んだ皇子達が成長するのをただ待つしかなかった。
紫冠を得てからの蘇我鞍作は、それまで以上の行動力で政策を打ち出しては実行に移していた。この鞍作の思想と行動力は、若い者達を引きつけた。そして政事に対する意見があれば、身分の低い者にまで耳を傾けた。
鎌子(かまこ)殿,忌憚なく申されよ。旻法師(みんほうし)の学堂であれ程論じ合った仲ではありませんか」
鞍作は僧旻(そうみん)の学堂で秀才と言われたこの二歳年上の中臣鎌子(なかとみのかまこ)が好きであった。
中臣家は連姓であり大臣姓の蘇我家より数段格下の家柄である。しかし古くから神事を祭る家柄で、大王家に仕える由緒ある家系であった。馬子の時代には両家の間に諍いもあったようだ。家の違いや宗教対立など鞍作には関係がなかった。学堂でまともに論じあえる相手は、鎌子一人であった。
今では鞍作の政務が忙しく、鎌子と会うことも少なくなっていた。そうでなくとも最近の鎌子はどこかよそよそしい感じがした。その鎌子が久々に鞍作の前に現れたのだ。
林臣(はやしおみ)様。あなたは以前、新しい政治体制が必要だとおっしゃった。ですが、今のあなたのやり方は矛盾してはいませんか。政事は豪族や王族が私腹を肥やす場ではない。大陸や半島にもっと目を向けなければと言っていたあなたは、今までの慣例に倣って紫冠をお継ぎになった。いずれは蘇我宗家を継がれることでしょう。蘇我宗主というのは、結局新しい政事とは相容れぬ立場なのではありませんか」
鞍作に請われるままに言ってしまってから、蘇我に対する誹謗であったと鎌子は気がついた。そういうつもりはなくとも、そう取られる発言だった。蘇我を怒らせたらこの先政事には参画出来まい。中臣の家もどうなるか。鎌子は鞍作の答えを静かに待った。
目元が涼しく美男ともいえる顔立ちの鎌子だが、氷のようなその表情の無さ故か、人に好かれる型の人間ではない。しかし鞍作はやはりこの男が好きだと思った。このようなことを言えるのは鎌子以外にはいなかった。面と向かって口にすることこそ、言っていることの真剣さを訴えていた。
「確かに、わたしの立場は理想とは違うものだが…」
そこで言葉を切り、鞍作は鎌子に対して笑顔を向けた。
「鎌子殿。目指すもののために、今しばらくこの権力と財力を利用するのも悪くはないとおもいませんか」
鞍作の笑顔は明るくまぶしく見えた。言い訳ではない、方便を言っているわけでもない。これがこの男の大きさなのだ。
『この男が皇子だったら…』
鎌子は心の中でつぶやく。と同時に棘にさされたような小さな痛みを感じた。



斑鳩の異変が人々の口にのぼり始めたのはこのころであった。
斑鳩の上宮王家(かみつみやおうけ)の門前が兵で固めているとの噂であった。
「聞けば蘇我家に対する構えとのこと。林臣、どういうことか説明していただこうか」
大王宝皇女の同母弟、軽王(かるのおう)が参議の場で鞍作を名指しで糾弾した。
「蘇我が上宮王家に何かしたとでも? また我ら蘇我が兵を集めている様子がございますか。知らぬ事でございます」
山背大兄王がそういう態度にでるとは、鞍作にも思いがけないことであった。毛人が病を理由にしてまで隠した傷は何だったのだ。鞍作は冷静を装って冷静に答えた。
「現に上宮王家は構えを見せているではないか」
軽王に賛同する者が同調した。 
「何れにしてもこれ以上斑鳩の兵が引かぬようなら、山背大兄王に謀反の疑いがあると見て、大王の兵を差し向ける。よろしいでしょうな」
なぜそれを蘇我に聞く。蘇我に対する構えであると言っておきながら、なぜそれが謀反になるのだと、鞍作は歯がみをする。
「兵を引かぬから謀反であると決めつけるのは、安易すぎやしないかな」
古人皇子(ふるひとのみこ)が口を挟んだ。
「ならば蘇我が斑鳩に赴き、山背大兄王に兵を解くよう説得するのが筋ではないか」
「被害妄想に凝り固まっているだけだ。そこに蘇我が赴けば事態はますます悪化する」
上宮王家と蘇我の争いを前面に押し出させたい息長氏の思惑が、手に取るように見えたが、鞍作はそれをどうしても避けたかった。
「斑鳩が何を勘違いしているかは解りませんが、蘇我には全く覚えのないこと。この件への関与は控えさせていただく」
と鞍作は言い切った。

「軽王は蘇我と上宮王家を共倒れにしたいのさ」
参議が終わったあとで、古人皇子は鞍作に囁いた。わかりきっていたことであったが、鞍作は答えをぼやかした。
「古人皇子はどうなんだ。上宮に倒れて欲しいか」
歳が近くいとこ同士である二人は仲が良かった。
「まあね、目の上のたんこぶってところだな。あの人は生きている限り大兄を手放さないだろうし」
山背大兄王が死なない限り、古人皇子に大兄は回ってこない事になる。仮に山背大兄王の寿命があと五年だとしても、そのとき大兄は古人皇子ではなく葛城皇子にいくだろう。先帝の皇子である古人だったが、所詮は傍系である。宝皇女が大王になった今、なおのこと古人に大兄が回る確率は低かった。
「足下を掬われるなよ。蘇我にはこれからも頑張って貰わなければならないんだから」
鞍作の背中をぽんと押して、古人皇子は去っていった。

 ポチっとお願いします→

明くる日も参議は休止となった。蘇我鞍作(そがのくらつくり)が紫冠を豊浦大臣に返さず、参議に出ないためであった。
大王宝皇女(たからのひめみこ)は豊浦大臣蘇我毛人を呼び出した。毛人は病を理由に宮に赴くのを避け、飛鳥寺を指定した。馬子が建てた飛鳥寺には高向王(たかむくのおう)と漢の菩提が納められている。
宝皇女は供の采女たちを外に待たせ、まず高向王と漢の菩提を弔った。そして次に毛人の待つ部屋へと向かった。

「豊浦殿、その腕はどうしました。病というのは」
座るなり、宝は毛人の首から吊された腕に気がついた。
山背大兄王(やましろおおえのおう)に切られました」
毛人の話に、ほうっと宝はため息をつき、眉を曇らせた。
「確かにそれでは人の前に出ることは出来ないでしょう。山背大兄王を擁護する声もあがっている今では、下手をすると蘇我の命取りになるかもしれぬ」
よくわかっているお方だ。毛人は黙って頭を下げた。 
「だが、なぜ紫冠を大郎に与えました。わたくしは許しません。なぜ大郎が」
久しぶりに漢の菩提を弔って気が高ぶっているのだろうか、宝皇女は涙声になっていた。
「漢を見殺しにしておいて、今度は勝手に大郎を大臣とするというのですか」
先の大王で夫であった田村皇子の手前、臣下達の手前、長い間抑えていなければならなかった宝皇女の感情が、一気になだれ出た様であった。
「わたくしの漢が死んで、なぜ大郎が生きて大臣となる? 豊浦殿!」
詰め寄る宝に、毛人はしばらく黙っていたが、泣き伏せる宝皇女につぶやいた。
「漢人は、あのとき生きていても、また殺されたでしょう」
宝皇女は顔を上げた。引っかかる言い方だった。
「…また?」
「生きている限り、漢人である限り、殺された。その理由は大王、あなたが一番よくご存じのはずでは?」
宝皇女の脳裏に夫だった田村皇子の冷たい笑顔が浮かんだ。青ざめて唇をふるわせる宝皇女。
「そう、だからわたしは漢人の名を殺しました」
青ざめた宝皇女の表情は、いぶかしげな不安なものに変わった。さっきから毛人の物言いはおかしい。
「…まさか」
宝皇女は手にしていた扇を持ち直したが、震えて取り落とした。だが拾おうとはせずに、毛人に膝を進めた。
「まさか、漢は」
「お気づきになりませんか。高向王に面影の似た人物を」
「漢は、生きて…」
「あの事件以前の記憶を閉ざしたままです。ですから、本人も自分が漢人であったとは覚えていないでしょう」
静かに語る毛人。宝皇女の方は、完全に落ち着きを失っていた。
「証しは…、証しはあるのですか」
「残念ながらございません。あのときの縁の者も、漢人を守るため完全に処分致しました。知っているのはわたしのみ。ですが、あなた様ならおわかりになるでしょう。歳を追う毎に似ていく者の姿を。それこそが漢人なのです」

宝皇女には信じられない事であった。十数年もの間、死んだとばかり思って来たのだ。それが今生きていると言われても…。しかし宝皇女は毛人の言葉を信じようとしていた。漢が生きている。愛した高向の息子、漢が生きている。高向によく似た人物…。

「…大郎か……!」
「今はまだ申し上げられません」
それが答えだった。鞍作と漢は、あの時入れ替わったのだ。宝皇女は殆ど確信した。
「明日は大郎を朝参させるのです。紫冠をかぶっていてもいい。大郎がいなくては議になりませぬ」
「仰せの通りに」
毛人は扇を拾って、宝皇女に差し出した。

 ポチっとお願いします→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。