FC2ブログ

夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新大王が要求した飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)は豪族や民にとっては大きな負担であった。板葺きだけでも大がかりだというのに、宝はたびたび変更を求めた。当然工期は遅れた。
「何を考えているのだ。三韓の動きが激しいこの時期に」
「宮の建設どころではないだろう」
群臣達は不平を漏らす。半島からの守りを固めなければならない次期に、宮のための財や人をさいている場合ではない。

半島では、宝皇女が即位した年の二年前に、高句羅が一氏族の泉蓋蘓文(せんがいそぶん)の乱がおき、高句羅の王族を一掃してしまった。
次の年は百済の武王(ぶおう)が亡くなり、義慈王(ぎじおう)が立った。
そしてさらに一年後、百済と高句羅が新羅を攻めたが、新羅の王族、金春秋(きんしゅんじゅう)が人望をあつめ、彼の統率力で侵略をまぬがれていた。
三韓のどの国も力のある指導者による独裁政治が行われようとしていたのである。
このような三韓の動きに倭国は動揺した。より強い大王が必要と思い始めたのである。
群臣達や民までもが、厩戸皇子の外交政策を懐かしんだ。そうしてまた山背大兄王の名が人々の口に昇るようになっていった。

宝が即位したこの年、民の非難の追い打ちをかけるように日照りつづいた。六月になっても雨は一滴も降らなかった。凶作が危ぶまれた。このままでは間違いなく凶作であった。大陸や半島からの出兵があるなら、食料の備蓄は多ければ多い方がいい時であった。
民の雨を望む声が上がった。
「豊浦大臣。雨を降らせよ」
大王の言葉であった。
無理を承知で、毛人は雨ごいの儀式を仏式で執り行う事を約束した。約束したが雨が降るかどうかはわからなかった。 
「やめた方がいいですよ、父上。雨は天の授かりもの。仏に祈ったところで降るものではありません」
鞍作が毛人に言った。
「降るにこしたことはありませんが、降らなかった場合、父上の立場はますます危ぶまれましょう」
「たとえ数滴でも降れば、大臣の威信はたもたれる。雨ごいはわしがやる」
「何を言っているんです。お歳を考えて下さい。この日照りの中で父上が幾日もわたって雨ごいなど、体がもちませんよ。それより実務的な策を施した方がよっぽどいい」
鞍作は潅漑用の水路や井戸の建設を進めていた。
「それはそれで必要な事だ。だが最も必要なのは、豪族の大王への不満を抑えることであろう」
鞍作は手にしていた水路の図面を床においた。
「では、私がかわりましょう。少なくとも父上より体力はあります」
「いや、わしがやる」
鞍作はため息をついた。
「倒れない程度にしてくださいよ。たとえ雨が降らなくとも持ち直せるぐらくのことはできそうですから」
鞍作の働きは、新大王の代では群をぬいて目立ち始めていた。口だけの群臣を後目に、対唐政策や三韓への使者への文、国内の調査など、自ら指揮をとって毎日腰を落ちつける間もないほど動き廻っている。
「単なる儀式だ。だが雨は降らせなければならない。わしではなくとも」
毛人は独り言のようにつぶやいた。
七月、百済大寺での毛人の雨ごいの儀式は結果、ほんの小雨が降るにとどまった。降るだけましであったが、小雨はすぐに止んだ。この程度小雨では、田畑が潤うにはほど遠いものだった。
日照りはそれからも続いた。
鞍作の水路は少しではあるが、いくらかの田が持ち直していた。少ない水を、各々の領地の民たちがうまく利用できるよう、農民達はお互いに協力しあっていた。
八月になって、宝皇女は自ら雨ごいの儀式に立った。今度は神に祈る儀式であった。神仏の対決と人々は見た。
宝は三日三晩祈り続けた。四日目の朝、にわかに雲が立ち始め、勢い良く雨が降り始めた。毛人が降らせた雨とは比べものにならないほどの大雨が大地を潤した。

「水の女だ」

人々は歓喜の声を上げ、踊り、大王の名を讃えた。宝皇女はこの雨ごいの儀式で地位と名声を得たと言ってよかった。
毛人は、この結果に思いのほか冷静であった。こうなる事を望んでいたかのようでもあった。事実、望んでいたのかもしれない。その思いは、毛人のみの胸に納められていた。



スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→

「そんなことができるの? 大王は死ぬまで大王でありつづけなけばならないというに」
小墾田宮大王(おはりだのみやのおおきみ)を思い出して下さい。有力な皇子はひとりもいなくなってしまった。中継ぎの大王は譲位できることを条件としなければなりません。これはかねてより論議を重ねてきた結果です。あなたが大王になれば、次の大王はあなたの言によって決める事ができるのです」
「わたくしの言葉によって…? 臣達が反対したら」
「大王の詔は何ものにも侵されてはならない神聖なものです。反対が出るようなら、この蘇我が力になりましょう」
意中の人物に大王を譲位する事ができる。宝皇女は心を動かしたようだった。葛城皇子ではなく、大海人皇子を思っているのかも知れない。思ってもいい。その時がくるまでは。
「豊浦どの、何を考えているのです。蘇我家にとっては割の合わない話。斑鳩や古人を推した方が蘇我家には有利でしょう。狙いは何なのです」
さすがに一筋縄ではいかない。そこがまたこの皇女の良さでもあるが。と毛人は思った。
「これからの国づくりは大王が主体にならなければならない。これは我が息子大郎の言葉ですが、私も感化されましてね。半島では三韓の政変が相次いでいます。またいつ大陸が動くかわからない。そのとき豪族が反目してては倭国自体が危うくなりましょう。私はただ国を憂いているだけです」
毛人は決して鞍作に感化したわけではなかった。この場を納めるために鞍作の言葉を借りたにすぎない。
「…大郎は息災か」
「はい」
「そう…」
宝皇女は漢を思い出しているのだろう。
「新しい大王の下で、大郎を働かせようと思っています。どうぞ手足のようにお使いください。なかなか頭が切れる男です。大王のお力になることでしょう」
「大郎の話は宮でもよく聞く。学問も武芸も勝っているとか」
宝皇女の声は抑揚がなかった。
「豊浦どの、あのときあなたは、必ずと言った。それをわたくしは信じました。結果として裏切られることになりましたが」
宝皇女は言葉を切って、毛人に向かって言った。
「わかりました。あなたの言うとおりにしましょう。そのように取り計らってください。ただし条件があります」
「なんなりと」
「新しい宮を建ててもらいたい」
この百済宮は昨年出来たばかりである。宝にもここを使ってもらおうと毛人は考えていた。
「新しい宮、ですか」
「飛鳥川のほとりの、あの館のあった地に、わたくしのための宮を建てること、これが条件です」
この百済宮は昨年出来たばかりである。随所にあたらしい技法を用いた壮麗な宮であった。宝にもここを使ってもらおうと毛人は考えていた。
「この宮では不足でしょうか」
「田村を思い出すところは嫌いです。飛鳥川のほとりの、あの館のあった地に、わたくしのための宮を建てること、これが条件です」
高向王と過ごし、漢が生まれ、そしてふたりが死んだあの館の地に。宝の心の傷は十五年経った今でもまだ癒えてはいないのだ。田村皇子を思い出す宮を嫌いだといい、昔の辛い思い出の地を選ぶ宝の心情はなんであろう。これは蘇我に対する批判のかわりなのかもしれないと毛人は思った。
「承知いたしました。仰せの通りにいたしましょう」

翌年、宝皇女即位。
飛鳥に倭国で始めて屋根を板で葺いた宮を造る。


 ポチっとお願いします→


毛人は十七年ぶりに宝皇女と二人で対面した。宝皇女はもう四十八になろうとする歳であったが、容色は衰えたものの、気丈さはそのままであった。夫である岡本宮大王を亡くしたというのに、悲しんでいる様子も見えなかった。まるで岡本宮帝の崩御をあらかじめ知っていたような感じであった。

「本日参りましたのは」
毛人が頭を下げた。
「次の大王のこと。豊浦大臣、そうでしょう?」
きりっとした声であった。
「古人皇子をどう思われます」
「よい皇子です。なにかとわたくしを気遣ってくれる。政事に批判的なところもあるけれど、古人がそうなったのは…」
いいかけて宝皇女は言葉を濁した。
毛人にとって宝皇女が先妻の子である古人皇子を擁護するとは思わぬことであった。蘇我に対して反目していると思っていた。たぶん宝皇女は古人を、歳の近い亡くした漢のかわりのように感じていたのかもしれない。
「では葛城皇子は」
宝皇女は顔色を変えた。その様子を不審に思いながらも、毛人は宝皇女の反応を待った。
「あれはまだ若すぎる。あれが大王を継ぐなどありえません」
なぜそうも言い切れるのだろうか。自分の産んだ皇子ではないか。自分の皇子をおいて古人を擁護することがあるのだろうか。「あれ」と葛城皇子を呼ぶ。大王家に何が起こっているのか毛人にはわからなかった。
「斑鳩の問題もございます」
「なぜわたくしにそのような話をもちかけるのです。勝手に決めればよいでしょう。古人でも斑鳩でも。いずれにせよまだわたくしには関係がないこと」
宝皇女は声をあらげた。
まだ、と宝皇女は言った。それはどういう意味なのだろう。まるで先の事を予見しているかのように毛人は思った。しかし。 
「関わりがあるのです、宝皇女。あなたには大王になってもらわなければなりません」
毛人が今いったい何を言ったのかをしばらく考えていた宝皇女は、突然笑いだした。
「何を言っているのです。気でも狂いましたか。まだ耄碌するには早すぎるでしょう。わたくしが大王だなんて、ばかばかしい。小墾田宮大王はれっきとした皇女でしたが、わたくしは王族の末端。大后になったから皇女の位をもらっただけ。そんなわたくしが大王だなんて」
「ばかげたことかもしれません。ですが事は重大です。今、群臣は蘇我家と斑鳩に二分されています。どちらが大王になっても不平は収まらず、まとまる審議すらまとまらない状態になるでしょう。それに息長は息長で葛城皇子を推しているのではありませんか?」
宝皇女は笑いをやめた。
「あなたが大王になれば今しばらくは争いはおさまりましょう。私が言い出さなくとも、息長によってあなたは大王位に就くことになるのです。葛城皇子への中継ぎとして」
宝皇女は眉をよせて嫌悪感をあらわした。毛人はさらに続ける。
「葛城皇子でなければ誰でもよろしい。大王になったあなたが意中の人物に位を譲り渡せばいいのです」
「…譲り渡す?」
大后宝皇女は寄せていた眉をゆるめ、言葉の意味を確かめるために、聞き返した。

 ポチっとお願いします→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。