FC2ブログ

夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もっと早く終らせるはずだった「夢のはざま」。思いのほかダラダラと長引いてしまいました。
最後まで読んで下さった皆様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

この物語は直木三十五の「南国太平記」及びそのテレビドラマ「風の隼人」を元に、時代と場所を中世ヨーロッパ(ハンガリー帝国あたり)に移して創作したものです。

原作読んだ方、またドラマを観た方は「全然違うやん」と思われるかもしれません。

ここで原作を登場人物を通して紹介したいと思います。

原作は仙波小太郎(エドアルド)が主人公です。
あ、いえ、この「夢のはざま」も当初はエドが主人公のつもりだったんですけど。



エドアルド …  仙波小太郎(せんばこたろう) [勝野洋]

薩摩藩の軽輩。剣の達人。呪詛の証拠を藩主島津斉興なりおき(オルギウスⅢ世)に進言するが、逆に薩摩藩を追放されてしまう仙波一家。原作ではまだ父も母も生きています。
尊敬する島津斉彬なりあきら(メルキオ)の子を次々と呪詛する牧仲太郎まき なかたろう(ラースロー)を打つべく、父八郎太(エルネスト)と共に一派を追います。比叡山にて牧を追いつめるも父八郎太はあえなく惨死。小太郎は深傷を負いながらも逃げ延びる。
本編ではエドアルドとラースローは一度も顔を合わせたことはありませんが、原作では呪詛を行う牧とその息子、百城月丸ももきつきまる(ラースロー兼任)からの果たし合いに応じたりしています。 
最終的には、呪詛でやつれきった牧(ラースロー)を追い、討ち取るのですが、時すでに遅し、斉彬(メルキオ)は呪詛の影響を受け死亡してしまいます。
薩摩は斉彬の死で一端は時代を逆行します。この軽輩たちの鬱憤がのちの倒幕につながるわけです。
これからは経済力だと悟った小太郎(エド)は侍を捨て、金を儲けて倒幕派に資金提供するため商人への道に進むことを決意するのです。


アリア … 仙波綱手せんばつなで[夏目雅子]

小太郎(エドアルド)のすぐ下の妹。小太郎の幼なじみで隣家に住む益満休之助(オリシス)に好意を抱いていたのですが、仙波一家が薩摩藩江戸中屋敷を追放されたあと、お由羅(ティスナ)一派の調所笑左右衛門ずしょ しょうざえもんの動きを探るべく大阪蔵屋敷に潜入。そこで百城月丸(ラースロー)と出会います。
月丸(ラースロー)が父の敵の牧(ラースロー兼任)の息子とは知らず深い仲に。月丸の正体を知った後、苦悩するのですが、月丸と小太郎(エド)の果たし合いに割り込み、月丸の刃にかかって死亡。
取り乱してふたりの果たし合いを止める姿を小太郎に「武家の娘がふしだらな」と侮蔑されたり、何かとかわいそうな薄幸美人です。アリアとはまったく性格が異なりますね。アリアの過去の不幸な出来事はまったくの創作です。
ドラマでは月丸と駆け落ちするのですが、益満(オリシス)に誤って切られ、やっぱり死んでしまいます。物語はドラマの方をとりました。


オリシス … 益満休之助ますみつ きゅうのすけ[西田敏行] 

薩摩藩の軽輩。小太郎(エド)の友人。才気と豪気と男気はあるのですが、何をすべきなのか本人もよくわからなかったようです。初めは陰謀に巻き込まれた仙波一家を助け奔走しますが、後に倒幕に目覚め、斉彬の理想を実現すべく行動していきます。実在の人物で隠密的な役割をしていたようです。
原作では綱手(アリア)を妹のように思っていただけ。彼は死にません。
ドラマでは初めから隠密として働いています。西田敏行が益満を演じていたのですが、当時は結構二枚目。今で言えばTOKIOの山口くん的な雰囲気です。オリシスのイメージはもっと細めなんですが…。


ラースロー … 百城月丸ももきつきまる牧 仲太郎まき なかたろう[板東八十助(現在の三津五郎)]

呪詛・調伏を行う薩摩藩の兵道家の父牧仲太郎、その息子が百城月丸。ラースローはこのふたりを一緒にしてしまいました。
牧はこのまま自らが習得した兵道を世に知らしめることなく消滅させたくはないと、お由羅(ティスナ)の依頼を受けるのです。
月丸はラースローと違って、エドに勝るとも劣らない剣の達人です。
綱手(アリア)に近づいたのは情報を得るためだけでなく、惹かれてもいたせいもあるのですが、綱手(アリア)を欺していることに良心の呵責を感じながらも「妻は夫に従うものだ。わかってくれるに決まってる」などと男の身勝手さ丸出し。
綱手を失った月丸はその後、綱手の妹、深雪(ラティア)によって仇討ちされます。
ドラマでは先ほども言ったとおり綱手と駆け落ちし、生活のために辻斬りまでしちゃいます。どちらにしてもいい終わり方をしない人物です。


ラティア … 仙波深雪せんばみゆき[名取裕子]

小太郎(エド)、綱手(アリア)の妹。ラティアはアカの他人ですが、原作は実の妹です。深雪はお由羅(ティスナ)の屋敷に女中として入り込み、隙あらばお由羅と差し違える覚悟を強いられます。が、奥女中はイジメの巣。優しくかばってくれるお由羅に悪い印象を持てず、深雪は苦悩するのです。
が、そこは武家の娘。刃を向けられたお由羅が取り乱すのを見て、「町人上がりが見苦しい!」と簡単に思慕の念を捨て去ってしまうあたり、小太郎そっくりです。
自分を慕ってくれる江戸のスリ、庄吉(シモーナ)と共に月丸を追い、綱手の仇をとる気丈な女性です。


シモーナ … 庄吉[細川俊之]

物語はオリシスに仕える隠密ですが、原作は男性で江戸のスリ。原作は庄吉(シモーナ)が小太郎(エド)の印籠を擦るところから始まります。で、小太郎に手首おられて恨みを持ち、その後嫌がらせをしたりするのですが、小太郎の妹深雪(ラティア)にひと目惚れ。身分違いでしかも片思い。それでも深雪の為なら命もいらないとばかりに、仙波一家を助けます。
実際、調所の密貿易の証書を盗みに入り片腕を切られたり、月丸を討ちに行くとき、ホントに死ぬほどのケガをしたりします。
終いには深雪(ラティア)も庄吉を憎からず思うようになり、身分違いも小太郎が侍を辞めてしまったおかげで、二人はどうにかなるんじゃないでしょうか。そこまでは描かれてませんけど。
ドラマの庄吉は、眼光鋭い元岡っ引き。良い味だしてます。


ティスナ … お由羅[南田洋子]

薩摩藩主、島津斉興の側室。もと江戸の大工の娘。自分の産んだ久光(キアヌ)を藩主にしようと、嫡男斉彬の子を次々に呪詛調伏させてしまいます。
もともと薩摩は、斉彬の革新的なところを快く思わない重臣達が多く、保守派と革新派におおきく別れていたところを、お由羅に利用されるわけです。
ティスナのように、悲惨な過去があったわけではありません。久光キアヌと違って結構年いってます。兄斉彬思いのいい弟で、兄の意志を継いで藩主になります。
この物語と違って、このお家騒動で破れるのは斉彬(メルキオ)の方なのです。

そのほか、小太郎の父、母。小唄の師匠富士春、お由羅の兄の小藤次、噺家の南玉師匠など、魅力的な人物が多彩。
機会がありましたら、是非原作「南国太平記」も読んでみてください。

スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→
泣く声が聞こえた。
「先生、起きあがっては」
「かまわん」
 老人はベットから起き上がり、弟子の手を借りながら、寝室に続いている小さな部屋の椅子に腰掛けた。
 老人の髪は白く腰まで伸びている。口も白い髭で覆われており、額にも頬にも手にも深い皺が刻まれていた。
「ここにもうじき母親につれられて少女がくるだろう。その子はわたしが診よう」
 老人の言葉に弟子達はいまだ信じられない思いをする。確かめに行った弟子が首を振る。遠くにその姿はまだ見えないというのに。 病に冒されてはいても老人はまだ彼らにとって師であった。

 老師の言葉通り、少女の手を引いた母親が小屋を訪ねてきた。
 少女だけが老師の部屋に入り、弟子が椅子に座らせた。老師とすぐ向かいあった位置であった。
 老師は弟子さえも下がらせ、うつむいて涙をこぼす少女をしばらく見ていた。
「なぜ泣いている」
 目にいっぱいの涙を浮かべた少女に老人は言った。
 少女の母親は、ここ一年間、寝てもさめても涙を流し続ける娘を心配していた。泣いている理由を訪ねても娘はただ首を振るばかりであった。病気ではないかといろんな医者に見せたが、原因はさっぱりわからなかった。
 母親は迷ったあげく、町の外れの森の入り口にあるこの小屋を訪ねたのだ。
 万病を治すと噂される老師がいて、数人の弟子たちが薬草を調合したり、怪我や病気を診たりしている。噂が噂を呼んで、遠くから訪れるものも少なくない。だがここに来るもの達は、最後の藁にしがみつくためにやってくるのがほとんどだった。それ以外はあまり近づきたくない場所だと言ってもいい。
 少女は涙を流し、唇を引き締めていたが、ぽつりと喋った。
「悲しいの」
「なにが悲しい」
「そばにいないから」
「誰がそばにいない」
 少女は首を振った。
「ふたりの人。でも、捜しているのに、どこにも居ないの」
うつ向いてしゃくりあげる少女に、老師は優しく微笑みかけた。
「泣かないでもいい。大丈夫だ」
「でもあたし、会いたいの。会わなきゃいけないの」
「なぜだね」
「会って謝らなきゃ。あたし、あたし…」
 少女は泣きじゃくった。老師は少女の髪を一筋撫でた。
「大丈夫。そんなふうに思わなくてもいい。謝る事などなにもない」
 撫でられた髪に伝わる温かさ。少女は涙に濡れた瞳を上げた。
「…ラ…ス?」
 やさしい穏やかな瞳が少女を包んだ。
「ラースロー?」
 老師は何も言わず微笑んでいる。
「…ごめんなさい。ごめんなさい。ごめん…」
 少女が椅子から立ち上がって老師の首にしがみついた。
「あなたを、…ひとりにしてごめんなさい」
 老師は少女の背中に手を廻し、やさしく撫でた。
「さみしくはなかった。本当だ。だから今、こんなにも穏やかだ。おまえがわたしに謝る理由は、何もない。むしろ、わたしのほうがおまえに謝らなければ」
 少女を椅子に座らせて、向かい合った。
「おまえのその思いはもう必要のないものだ。もう忘れていい。わたしが植え付けてしまったのだ。だから取り除こう。もう、泣かなくていいのだよ」
 老師が少女の額に軽く手を触れた。
「もうひとりのことは心配ない。もうじき会える。おまえはそういう星を持って生まれてきたのだ。今度は諦めるな。自分の好きなように生きるのだ」
 老師は少女の額から手を離した。
「だが、おまえにはまだもっと学ぶべきことがたくさんある。出会うためには初めから学ぶ必要がある。その小さな体におまえの過去は大きすぎるのだ。 もうひとりとの出会いまで、おまえの過去を封じよう。心配するな。必ず会える」

 母親の手に引かれて、夕暮れの中を帰っていく少女。
「先生。お休みなってください」
 弟子達がテラスの老師を支えた。
「いや、ここでいい。ひとりにしてくれないか」
 揺り椅子に腰掛けて、老師は赤く染まる森の空を見た。
 血に染まったアリアを抱きかかえ、自分の命を終わらせようと思ったのも、こんな美しい晩秋の夕暮れだった。 
 アリアを側に横たえ、湖の畔で己の剣を喉元に突きつけた時、遠く赤ん坊の泣く声が聞こえた。
 草をかき分けると、ぼろ切れにくるまれた赤ん坊が、声のある限り泣いており、そばには母親らしき女が倒れていた。女の息はなかった。
 ラースローは赤ん坊を抱き上げた。
「アリア…」
 おまえは、それでもわたしに生きろと言うのか。
 赤ん坊を抱いて、ラースローは咽び泣いた。
 あれからもうどのくらい自分が生きているのか覚えていない。放浪し、拾った子供は数しれない。 傷ついた子を癒し、子供らを養うため、貧しい村に薬を与えていくうちに診療所のようなものが出来た。成長した彼らに自分の持っている知識を教え与えた。幾人もの子供達がここから巣立ち、教わった知識で各々の生活を営んでいる。
「アリア…。わたしが今まで生きてきたのは、おまえに再び会うためだったのだな。こうやっておまえを救うために、わたしが生きてきた意味があったのだな…」
 ラースローは懐から包みを取り出して、開けた。
 ぱさついた赤い髪がこぼれた。
「いや、救われたのは、やはりわたしの方か」

───どんな時も、どんな時代でも必ずそばにいてくれる者が現れる。お主を愛し、必要とする相手が現れる。だから決して自分を卑下するな。今は私が保証してやる───

「別れだ、アリア」
 ラースローは微笑み、そして両手を上げて赤い髪を風に放した。
 風が髪を舞上げる。乾いた赤い髪は夕陽に照らされて、燃えるような輝きを辺りに振りまいていた。舞い上がり、揺らめき、風に乗ってどこまでも。
 上げていた手は力なく垂れ下がり、そしてそのまま二度と動かなかった。

「どうしたの」
 後ろを振り返った娘に母親が言った。少女はしばらく立ち止まって小屋の方向を見ていたが、やがて
「ううん…」
 と歩きだした。
 少女のほほに涙が知らないうちにこぼれ落ちた。母親に気付かれないようにうつ向く。
 ついさっきまで、自分はとても悲しかった。どうしようもなく寂しかった。なぜなのかわからない。今は悲しくともなんともないのに。それなのに涙が出る。
 とても悲しかった事だけはどこかで覚えている。きっとそれを思い出せないのが切なくて泣けてくるのだ。まるで、鮮やかに見た夢を忘れてしまった時のように。
 この切なさも、きっと明日の朝には忘れてしまうのだろう。
 だから今はこのまま涙を流そう。忘れ去った悲しみのために。

  夢のはざま 完





 ポチっとお願いします→
「もうじき出港です」
 若い船員がエドアルドに声をかけた。
「気をつけて行きたまえ」
 サリエルがエドアルドに右手を差しだした。
「船長の腕が頼りですね。でも、海賊には負けません。傭兵の経験は伊達ではありませんから」
 笑ってエドアルドはサリエルの手を握った。
「世話になりました」
 バルツァ家に半年近く滞在していた。そして今、バルツァ家の貿易船に乗ってエタニアを出ようとしている。季節風がエドアルドを外の国に導いてくれるだろう。
「春にまた」
「ええ、春に」
 エドアルドの傍らにラティアがいた。
「ラティア」
 キアヌがラティアの手をとった。バルツァ家の暮らしにすっかり慣れ、他の子供達とも打ち解けたキアヌは、キア・ヌィとして新しい人生を歩み始めている。どんな人生を迎えるかは、キア・ヌィが決める事だ。
「元気で暮らすのよ」
 ラティアはキア・ヌィの頬にキスをした。
「ラティアも」
 エドアルドとラティアは船に乗り込み、甲板に立って、なだらかな丘に広がる白い家並みを眺めた。美しい港であった。
 自分の隣にラティアがいるように、アリアのそばにラースローがいるのだろうか。
 エドアルドはラティアの肩を抱き寄せた。
 出会う立場がほんの少し違ったら、違う関係になりえたかもしれない男のことをエドアルドは思った。アリアもオリシスも、みな笑って語り会えたかもしれない。
 いや、いつかまた会える。その時は笑って過ごそう。未来だけを見て、過去を捨てて。
 船がゆっくりと岸を離れた。
「さようならぁ」
 岸壁でキア・ヌィが手を振っていた。
「おーい、元気でなー」
 エドアルドもラティアも手を振った。
 サリエルが手を振る。皆が手を振る。
 船は海を滑り出し、次第に岸が小さくなった。
 また帰ってくる。春に、花の咲く頃。
「おーい」
「おーい…」
 港が見えなくなるまで、船が見えなくなるまで、彼らは手を振り続けた。

 ポチっとお願いします→
 居酒屋でオリシスはカウンターの椅子に腰掛け、強いアルコールを一気にあおった。
「店主。酒だ」
 空になった杯を突き出す。もう相当に酔っていた。
 メルキオの国王戴冠一週年の式典があった。それを機に宮仕えを辞する許しを請うたのだが、国内の早急な立て直し、不穏な動きのあるトルキット族や隣国への諜報等、やらねばならない事は山ほどある。腹心ともいえるオリシスをメルキオが手放すわけがなかった。
 それはオリシス自身もよくわかっていた。だが願わずにはいられなかったのだ。アリアを巻き込み、殺してしまった原因の王位交替劇の宮廷に、己が生きてその地位を授かる事の滑稽さから逃れる事を。辞めてどうするかはわからなかった。また諸国をさまよい、のたれ死にするのも悪くはない。たったひとつ、手にいれたいものを自ら失って、それでどうして生きろと言えるのだ。
 だが、やはり自分は生きて行くのだろう。だからやりきれなく、酒を飲んでいるのだ。
 オリシスはまた杯を空けた。
 出仕帰りのオリシスは、きちんと髭を剃り、金銀のついた騎士の衣を着、立派なマントを羽織っている。以前の姿ならともかく、上級騎士の身なりのオリシスは、この下町の居酒屋ではかなり目立っていた。しかも泥酔している。他の客達は遠巻きにオリシスをちらり、ちらりと見やっていた。
 オリシスは席を立ち、店主に金貨を2枚渡した。
「旦那、釣りを」
 その言葉が聞こえなかったのか、または無視したのか、オリシスはふらついた足どりで店を出た。 狭い路地を、どこに行くでもなくただ進む。自分の足が思うように動かないことの意識はあった。
ガタついた石畳につまづいて、膝を強く打った。酔っているせいで幸い痛みは感じない。
「手を貸しましょうか」
 背後から声がした。
 オリシスはふと笑った。
『おれとしたことが、背後をとられるとは』
 だが聞き覚えのある声だった。振り向いて顔をあげ、目を細める。薄暗くてよく見えない。相手が腰を屈めてオリシスに近づいた。
「ああ、あんたか」
 娼館のカウンターの男、異人さんだった。差し出された手につかまる。
「ずいぶんと酔ってらっしゃるようですね。あなたらしくもない」
「ああ、そうだな」
 と答えかけて、オリシスは異人さん事、リュージャを見た。この男の前では今までぐうたらな風来坊の役を演じていたはずだ。この酔った姿はあの時を知っている者にとってはめずらしくもない。
 オリシスの酔いは冷めた。だが体は言う事をきかない。引っ張り上げられた体は勢いで、リュージャの方へ踏み込んでいた。しかも預けているのは右手だ。これこそオリシスらしくない失態だった。
 手を引き抜こうとしたが、もはや遅すぎた。リュージャの左手は、オリシスの右手を更に強く引き寄せ、右手に握った短剣をオリシスの腹部に深く突き刺していた。
「…く…っ」
 満身の力を込めて、オリシスはリュージャを蹴り飛ばした。よろめきながら腰の大剣の柄を探る。
 剣はなかった。
 リュージャが離れる瞬間抜き取ったのだ。あるのは腹に刺さった短剣のみ。
 抜いたとたん、血が吹きだした。
 リュージャは大剣の先をツッとオリシスの前に突きだした。
「貴様…、何者だ」
 前かがみになってオリシスはリュージャを睨みつけた。が、失われていく血で目がかすむ。
「ただの異人です。ですが私の事はどうでもいい」
 リュージャの声は冷静だった。
「なぜ…。初めから、知っていたのか」
「いいえ。あの店にいたとき、私はあなたが好きでした。あなたもエドアルドもアーリアンも」
 そういうリュージャの顔はやさしく微笑んでいた。あの少しもの悲しげな笑みであった。
「ティスイ…ティスナの処刑の時、あなたは国王メルキオの後ろの柱の影にいましたね」
 それで全てを知ったのだとリュージャが言った。
 ティスナの目が自分に向けられた。しばらく見つめあった。
 なぜ? どうして。幸せになるはずだったのに。来年、ジャカランタの花が咲く頃…。
『私は幸せだったわ。あの頃、あなたと過ごした日々が私の全てだった』
 ティスナの一瞬の微笑みが、歌った歌がそう語っていた。
「おれを殺すのか…」
「ええ」
 静かな殺意がリュージャにあった。
 そう、それもいいだろう。アリアを討った己の剣で自分も死ぬ。
 リュージャが構えた大剣は、そのままオリシスの胸を深くつらぬいた。
「ティスイは確かに悪業を行った。処刑は当然の報いだったのでしょう。でも…」
 リュージャは剣から静かに手を離した。
「私は、それでも彼女に生きていてもらいたかった」
 リュージャの目に涙を見たような気がした。
 オリシスは石畳に崩れ落ちた。足を投げ出して、壁によりかかる。遠ざかる足音が耳に残った。
 背後を取られたと思ったのは、あれは初めから正しかったのだ。知り合いならば、あんな声のかけ方はしない。たぶん酒場あたりからつけられていたのだろう。油断した。
 そしてオリシスはまた笑った。油断したと思うのは、まだ生きたいと思ったからだろうか。こんな自分にまだ生きたいという意志が残っていたのだろうか。
 笑った途端に血を多量に吐きだした。
 大剣は心臓をわずかにそれたようだ。だがこの出血では、もう保ちはしない。いや、その前に窒息か…。
 吐いた血がのどの辺りで固まり始めている。吐き出す気力ももはやなかった。
 息が苦しい。
 空を見上げる。少し気道が広がり、空気が流れる。それもほんのひとときのことだろう。
「アリア…」
 とうとう触れる事ができなかった。アリアの髪や、頬や、肩や手を、ただの一度も。
 あれは幻だったのだろうか。本当にアリアはこの世に存在していたのだろうか。
 現実は人間に、なんと酷い夢を見させるのだろう。アリアの存在を確かめることが出来たのが、あの一撃だったとは…。
 路地に並んだ屋根屋根から夜の空が見えた。
 星はなかったが、月は屋根に半分だけ顔を出していた。
 目がかすむ。だがこの月を、この場で一番美しいものを、しっかり見ておきたかった。

 完全に昇った月が、青白くオリシスを照らしていた。

 ポチっとお願いします→
「やめろよ、ラースロー、オリシス!」
 アリアは二人に呼びかける。腕にしても体力にしてもオリシスの方が数倍も上だ。ラースローの剣は、アリアの足下にも及ばない未熟さだ。ラースローがじりじりと下がっているのがアリアにもわかった。
 なぜこんなことになってしまうのか。ラースローとオリシスがなぜ自分の前で戦うのだ。アリアは、二人が草をかき分ける音、剣を払う音、激しい呼吸、これらを聞きながら自問した。
 これは運命なのか。

『運命の輪はね、過去も未来も同じ運命をたどるという意味よ』
 ラティアはそう言った。

『おまえは誰かと出会うべくこの世に生まれてきた。そういう宿命を背負っている』
 ラースローはそう言った。
 それを運命というなら、出会うべき相手はまちがいなくオリシスだった。オリシスにまた出会えたことが運命だった。
 しかしそれだけでないとしたら? 出会った事だけで終わりではないとしたら? 
『思い出せ。いつもどうだった? どんな終末を迎えた?』
 ガッとラースローの剣がはじき飛ばされる音がした。ラースローの神経が張りつめられるのを、アリアは感じた。ラースローはあの術をオリシスにかける気なのだ。
『おれが先に死んだんだ。死にはしないと約束したのに』 
 オリシスは確かにそう言った。
 オリシスが剣を振り上げて、ラースローめがけて走りだしたのが見えた様な気がした。
『ラースロー、やめろ!』

 オリシスが振り下ろした剣の先に、赤い髪を振り乱したアリアの姿があった。
「…アリア…」
 オリシスの手に、相手をしとめた重い手ごたえがあった。
 飛び散った赤い髪が風に舞い、アリアはそのままのけぞった。ふわりとドレスの裾が舞ったが、地に崩れ落ちた時には、もう微動だにになかった。
「アリア─────っ」
 ラースローがアリアを抱き起こした。呼んでも揺さぶっても、アリアは動かなかった。

「貴様が殺したんだぞ」
 アリアを抱きかかえたラースローが、低く押し殺した声を発した。
 かつてはここ、エタニアいちの美男子と謡われ、魔の手を持つ者として王宮さえも震撼させたこの男が、今や何という変わりようだろう。
 不精髭を生やし、衣の裾は破け、何日も着替えていないのか、衿や袖に垢がこびりついていた。あわい栗色の髪は艶を失くし、無造作に束ねられている。しかし目だけは驚愕と怒りと悲しみの混じった光を宿し、真っ直ぐにこちらに向けていた。
 これがラースローの慣れの果てか…。
 と、オリシスは思った。
 手に持つ剣は今もまだオリシスの両手に握られ、血を含んだ分よりもずっと重く感じられた。
 その血は本来ならラースローのものであるはずだったのに…。いや、あるいは初めから、剣を手にした時からこうなる事を願ったのだろうか。
「…貴様が…、アリアを」
 顔を歪め、微動だにしないアリアを抱く手に更に力を込め、ラースローが声にならぬ程低く言った。

 そう、自分が殺したのだ。親友の妹を。親友が仇としたこのラースローの恋人を。そして己が最も………。

 いつから、何が狂ってしまったのだ。

「わたしも殺すがいい」
 ラースローはアリアを抱きかかえ、オリシスを睨んだ。灰味がかったラースローの瞳が赤く見えた。
「殺せっ!」
 オリシスは大きく息を吸い込んで、そしてラースローを睨み返した。
「殺すものか、貴様など」
「なにぃ?」
「アリアと一緒に死ねる幸福など、貴様にくれてやるものかと言ったのだ」
 オリシスは自嘲気味に笑った。この男の姿は、本来あるべき自分の姿ではないのかと。どこかでこの男と自分の人生が入れ違ってしまったのではないか。あるいは、自分の記憶にある前世はこの男のもので、自分は何か勘違いしているのではないか、と。
 その証拠にアリアをこの手で殺したというのに、なんの感情もわいてこない。それともアリアを切ったときに、己の心も真二つに切ってしまったのか…。
「アリアのいない悲しみを、貴様は一生抱き続ければいい。死ぬまで苦しめばいいのだ」
 さらにオリシスは言った。この哀れな男にこれ以上ないつらい事実を突きつけて、オリシスは歩き出した。

 ラースローは哀れではあるが、自分よりははるかに幸せに思えた。短い間であったにせよ、アリアと出会い、愛し合えたのだ。それに引き替え自分はどうだ。あいつに会うためだけにこの世に生まれてきたというのに、この手でその生を終わらせてしまうとは、何という皮肉だ。
 来世で会おうとアリアは言った。だが、こんな自分をあいつは迎え入れてくれるだろうか。
 涙がオリシスのほほをつたった。

 一生苦しめばいい。

 あれは、ラースローが自分に言った言葉だったかもしれぬ。
 森の暗闇の中へ、オリシスは歩き進んで行った。まるで自分の存在を消し去るかのように。

 ポチっとお願いします→
 ふいにアリアが聞いた。
「兄上は、どうしている?」
「おまえとラースローを捜している」
 オリシスはとっさに嘘をついた。エドアルドからはあれから連絡はなかった。もうエタニアには居ないかもしれないとオリシスは思っていた。
「達者でいるならいい。オリシスは私たちのことを兄上に話すつもりか?」
「…ラースローはおまえたちの親の仇だ。メルキオ陛下も」
「しょうがないなあ。敵だ仇だって、継承争いに巻き込まれたんだから今更どうしようもないじゃないか」 
「おまえはそう割り切ったんだな。ラースローの事は」
「だってあいつ、悪い奴じゃないもん」
 オリシスは目を伏せた。アリアの笑った顔を見るのがつらかった。
 風は冷たいが、日が当たればまだ温かい。水面に光る午後の太陽が眩しかった。アリアの目には映っていないのだろうが、それでもあたかも見えるように、アリアは目を細めていた。髪が伸び、束ねることなく風に揺らされるままになっている。アリアは穏やかでやさしい顔をしていた。
 しばらく無言のまま、二人は座って水面を眺めていた。
「思い出すな、こうやっていると。兄上がいて、オリシスがいて、私がいたあの田舎の山や川を」「ああ…」
 たいくつで穏やかな、春は木の芽を摘み、夏には釣りを、秋には狩りをして過ごした日々。
「オリシス。あんまり覚えていなくて申し訳ないんだが」
 アリアはそばの草をちぎって匂いを嗅いだ。まだ残っていた青臭い緑の匂いがオリシスの鼻にも届いた。
「私はずっと昔も、オリシスと一緒にいたような気がする。いつもそばにオリシスがいた。私はそれで幸せだった」
 それが幼いころの事でない事は、オリシスが何より知っていた。
 海に沈んだ大陸に。
 神々が住む島に。
 乾いた赤い大地に。
 たなびく緑の草原に…。
 束の間だがいつもそばにあった存在。
「オリシスはよく覚えていたのだろう? 前世の事かもしれないことを。だからこうやって私を捜しにきて、そしてまた私の好きにさせようとしているのだろう?」
 自由にさせようとしているのだろうか。そうするしかない自分を認めようとオリシスは思おうとしていた。思い出してくれたではないか。こうして会えたではないか。
「もし、私がここでお主の言う事に従ったら、オリシス、お主は救われるのか?」
 この世に生まれて来た自分の存在の意味を、見つける事が出来るのかとアリアは問うているのか。
「それがおまえの意志であるなら」
 アリアは首を振った。
「悪いなオリシス。私はラースローの闇に捕まってしまった。あいつの心の闇は深く悲しい。ずっとそばについてやりたいと思う。お主が私のそばにいてくれたように」
「それが、愛と言えるのか」
「言える」
 言い切ったアリアの顔は、夕日に照らされて、美しく輝くばかりに微笑んでいた。
「オリシス。どうせお主とは来世で会うのだろう? それまで待っていてくれ」
 その語尾が聞こえるか聞こえない内に
「そいつから離れろアリア!」
 別の男の声がした。
「ラースロー!」
 ラースローは剣を抜き、オリシスと対峠した。オリシスの手は剣の柄にかかっているとはいえ、抜くか抜かぬか迷うところでもあった。ここで抜けばどちらかが倒れるまで殺らなくてはならない。しかし…。
 しかし、ラースローが切りかかれば抜かずにはいられない。
「やめろ、ラースロー。今そっちに行くから待て」
 アリアが危うい足どりでラースローの方へ向かう。空いている方の手でアリアを引き寄せて、ラースローは剣を構え直した。
「やめろってば。オリシスは剣を抜かない。兄上に報告するだけだ。すぐここを出よう。それくらいの情けはかけてくれるだろう? オリシス」
 オリシスは答えない。ナミルでのことはラースローよりも、むしろオレアルの方に怒りを感じていた。あれは自分が油断したのだ。
 それにしてもなんと随分な変わりようだ。自分のなりよりもアリアにこぎれいな恰好をさせるラースローの、アリアに対する慈しみが、オリシスの心に残る嫉妬を呼び起こしたせいかもしれない。
「アリア! 来世など来なかったらどうする。 あれはすべて幻想にすぎないのだとしたら」
 だが、たとえそうだとしても、アリアは自分の元には帰って来ない。あれはそういう女だ。
 気が付くとオリシスは剣を抜いていた。
 切りかかってきたのはラースローの方だった。一合、二合と剣を交える。
 ポチっとお願いします→

 エドアルドが去ったあの夜から、オリシスはオリシスの情報網を使ってラースローの捜索を続けていた。タニアにいながらの捜索に苛立っていた。エドアルドが捜している間はまだ望みがあった。エドアルドにならアリアは従うかもしれないと思ったのだ。
 夏が終わり秋が来て、アリアがいなくなってから一年が経っていた。そんなとき、北の町で良く効く薬を売る男の噂が立った。オリシスは情報を入手するとすぐにその町に向かった。ラースローを追う隊は別に組まれていたが、彼らには無断の単身の行動だった。
 町人の話しでさらに北の森に住み着いた夫婦がいるのを知った。
 アリアだろうか。
 オリシスはそうであってほしいともほしくないとも思いながら、森への道を歩き続けた。秋の葉が落ち、この地にはもう冬が訪れようとしていた。こんなところで冬が越せると本気で思っているのか。
 小屋はあった。小さな小屋であった。壁の板張りは隙間があいているし、屋根の茅は薄く風が吹いただけで壊れそうな小屋だった。人の住んでいる気配はあったが、人影はなかった。
「逃げたか…?」
と、その時、オリシスの耳に微かにメロディらしきものが届いた。歌詞のない歌声だ。
 小屋から少し離れた場所に、ぽっかりとそこだけ空が見えた。湖だった。
 くすんだ灰色のドレスを着た女が水面に向かって何かをしていた。
 この季節では湖の水もさぞ冷たいだろうに、なのに楽しげに鼻歌を謡っている。
 胸が締め付けられる痛みに、オリシスは奥歯を噛みしめた。
「ラースロー?」
 女がふと顔を上げ、こちらを振り向いた。 
 オリシスはその場から動けずにアリアの顔を見た。が、様子が変だ。アリアの目は宙をさまよい、一点に向けられる事はない。自分はここにいるというに。
 ようやく一歩を踏み出したとき、アリアの顔色が変わった。
「誰だ! それ以上近づくな」
 アリアはそばにおいていた短剣を手繰り寄せ、胸元に構えた。オリシスがコーツウェルで与えたあの短剣だった。
「来るなと言っているのが聞こえぬか!」
 オリシスはアリアの半身手前で止まり、片膝をついた。
「目が、…見えないのか」
「…オリ、シス?」
「アリア…」
 アリアは一瞬緩めた手をまた強く握り直した。
「追ってきたのか、私たちを」
「違うと言えば嘘になるが…。いいかげんそれを離せ」
 アリアはしばらくして、やっと剣を置いた。
「相変わらず気の強いやつだ。おれに勝てると思っているのか」
 アリアはくすっと笑った。
「思わないけど、ただで殺られたくはないからな」
「言葉遣いもかわらないな。なのにそのドレスはよく似合う」
 アリアの女の装いはどのくらい見ていないだろう。幼いころのアリアの姿しかわからない。そう、あれからアリアは男の恰好しかしなかった。
「これ? ああ、ラースローが街で薬代の代わりにともらってきてくれたんだ」
 少し照れくさそうに言うアリアの顔が、オリシスにまた苦痛をもたらした。
「セレスはどうした」
 小屋やアリアの着ているものから見ても、とうてい馬を飼える状態ではないことは分かる。しかしオリシスには、アリアがセレスを手放すとは思えなかった。
 アリアは少しだけ寂しそうな表情をしたが、
「是非という人に、売った」
 と言った。
 コーツウェルの屋敷には持ち運べるような値打のある貴金属はほとんど無かったし、金貨も蓄えがある方ではなかった。逃亡資金はすぐに底をついたのだと、アリアは屈託無く答えた。
「それで、幸せ…か?」
「ああ」
 間髪を入れずにアリアが答える。オリシスは息を吸うことも吐くこともしばらくできなかった。あるいはこのまま、そうエドアルドが頼んだようにこの二人を見過ごすことが出来ないものだろうか。
 アリアの視力は逃亡して間もなくの頃、熱病によって失なったのだとアリアは言った。ラースローがいろんな薬を調合して手当をしてくれたが、どうにもならなかった。他にも要因はあるようだとラースローは診断したようだ。アリアは以前タニアの娼館で襲われたときのことが原因だったのではないかと言った。
「今思い出しても、あれ、結構な衝撃だったしな」
「そんな状態で、生活は苦しくないのか?」
「まあ、な。私も働けたらいいのだが。今はラースローが山で薬草を採って小屋で調合している。効くと評判にはなっているようだ。だけどあんまり目立ちたくはないから、いつも最小限だけにしている。金もほしいけど、着るものや食べるものの方がうれしいし、もう少し蓄えたら春には国境を越えるつもりだ」
 ドレスの裾にはほつれをかがった跡がいくつもある。 国王の主治医にとまで言われた男が、日々の暮らしの糧をかろうじて得ているとは。
 ポチっとお願いします→
 その一瞬、オリシスには赤い炎が舞ったように見えた。
 森と言うよりは大きな林の中のぽっかりとあいた湖の畔で、日が傾きかけ、辺りを淡いオレンジに染め上げていた。

 赤く煌めいていたものを抱きかかえた男が言った。
 かつてはここ、エタニアいちの美男子と謡われ、魔の手を持つ者として王宮さえも震撼させたこの男が、今や何という変わりようだろう。
 不精髭を生やし、衣の裾は破け、何日も着替えていないのか、衿や袖に垢がこびりついていた。あわい栗色の髪は艶を失くし、無造作に束ねられている。しかし目だけは驚愕と怒りと悲しみの混じった光を宿し、真っ直ぐにこちらに向けていた。

 いつから、何が狂ってしまったのだ。

 オリシスは剣を手にしたまま、動くことが出来ずにいた。目の前の光景は、本当にいま自分の前にあるものなのだろうか。

 いつから、何が狂ってしまったのだ。
 アリアが間者としてラースローの屋敷に入った時か。エドアルドとアリアの兄妹がタニアを追われた時か。エドアルドの父親が、宮廷の陰謀に陥り討たれた時か。
 ならばどれをとっても自分の手が一枚入っているではないか。いくら現国王の命とはいえ、カルマール一家をこのように導いてしまったのは、他でもない自分自身なのだ。
 失敗はなかった。途中の行き違いはあったにせよ、物事はうまく運んだ。先国王は亡くなり、側室のティスナも処刑された。キアヌは未だ見つからないが、あの王子にはもともと罪はない。今は正当な王太子メルキオが王位を継ぎ、国内の混乱の収集に力を注いでいる。
 だから友を欺いたこともまだ納得ができた。
 たったひとつの誤算は、アリアが…、あのアリアがラースローと恋に落ちた事だった。
 これは天罰だろうか。
 シモーナはアリアの行動を読んでいたが、そんな事は有り得ないとタカをくくった己のおごりがもたらした報いなのか。

 ラースローがコーツウェルの屋敷から行方をくらました時、オリシスはまさかと思った。
 もう勝負はついている。逃亡するなどラースローらしくないやり方だと思った。そこまで生に執着する人間には思えなかった。あいつなら最後の最後まで戦うか、若しくは潔く死を選ぶかのどちらかを選んだはずだ。そうならなかったのは、アリアが居たからだと気付いた時、オリシスの胸にたとえようのない痛みが走った。
 アリアは嫌な男に素直について行くような女ではない。相手の寝首をかいてでもエドアルドの元へ戻ろうとしただろう。アリアもまたラースローと共に生き抜く事を選んだのだ。エドアルドに言われなくても、あの屋敷に残った茶を確かめたときにそう思った。苦い後味が口に残った。
 ポチっとお願いします→
 オリシスは静かに扉を閉め、エドアルドに剣を差しだした。
「オリシス?」
「メルキオ様は、本当におまえの能力を買っていた。今は少しでも臣下が欲しいところだ。父王オルギウス様をしのぐ安定した国を望んでいる。それには新しい力が必要なのだ」
「それはわかっている積もりだ」
「それでも自由になりたいと思っているのか」
 エドアルドはオリシスを見つめた。
「オリシス、おれはあの暮らしを気に入っていたかと言えばうそになる。力を試したいと思っていた。本当の所、隠遁生活を嫌ってもいた。だが、ここは何かがちがうんだ」
 オリシスはエドアルドの取り上げられた剣をテーブルの上に置いた。
「父上はおれに出世を望んでいたかもしれない。でもそれは父の負い目から出た言葉だと思っている。おれが望むならこう言ったはずだ。自由にしろ。おまえの人生だと」
 オリシスは黙ってエドアルドの言葉の続きを待った。
「おれには前王と現王の違いはよくはわからない。何が正しくて、何が正しくないかおれにはわからないんだ。確かにこの数カ月間の緊張感は、おれの血をたぎらせた。こんな風に働ける事を内心嬉しく思っていた。オリシス、おまえとまた行動した日々は充実していたんだ。
 だから裏切られたと思ったときはやりきれなかった。おまえもか、おまえもおれを利用していたのか、と。勝手に信じて勝手に裏切られた気分に陥っていた。だけどおまえはちゃんとおれたちを見ていたんだ。アリアに教わったよ。おれは思った。問題はおまえがどうだと言う事ではない。おれがおまえをどう思っているかだ。今までもこれからも、おまえはおれの親友だ。おまえがどう思っていようと、おれはこの気持ちを信じる事にした。他人を気にしていたから自分に自信が持てなかったんだ。気が付いたのはつい最近だけど」
 エドアルドは伸びた髪をかき揚げた。黒く染めた色は、殆ど抜けていた。赤い髪が蝋燭の炎に照らされて燃えているように見えた。肩も首も一回り太くなった。童顔だった表情は大人のものに変わっていた。
「ティスナを捕らえたとき、オレアルを切ったとき、違和感を感じた。わからなかった。なぜそう思うのか。おれは親父の思いに応えようとしたんだ。自分の意志は別のものに支配されようとしていた。そう思ったら、今度は本当に自由に生きたくなった。過去や爵位や忠誠に縛られない自由な意志を持ちたいと思ったんだ」
 エドアルドの瞳は輝いていた。こんなエドアルドの瞳を見るのはオリシスにとって久しぶりだった。オリシスも感じていた。エドアルドに宮廷は似合わない。本人が望めばきっと自分よりも宮廷で活躍しただろう。だがそうならない事もオリシスは知っていたような気がした。
「剣を取れ、エドアルド」
「おれはおまえと戦いたくはない」
「馬鹿なことを言うな。逃げろと言っているんだ」
「オリシス」
「あとは気にするな。アリアはおれが捜す。陛下のこともまかせろ」
「オリシス…」
 エドアルドは剣を取った。
「悪いな。おまえには借りっぱなしだ」
「いつかまとめて返してもらうさ」
 宮廷を抜け、馬を走らせ、タニアの町外れまで出た。すんなり出られたのは、あらかじめオリシスが手を打っていたのだろう。こんな友人は持ちたくても持てるものではない。オリシスという得体のしれない親友といつかまた笑って語り合えることをエドアルドは願った。
「どこにいくつもりなんだ」
 オリシスが馬を止めて聞いた。エドアルドは暗闇の広野を見ながら答えた。
「ラティアを迎えに行く」
 力強い答えだった。どこにいるのか、なぜわかるのか、一緒にいるだろうキアヌの事にも触れずにオリシスは頷いた。エドアルドはようやく前を向く事ができたのだ。カルマールやアリアから離れて。
「オリシス、おまえとって聞きたくないことかもしれないが」
 エドアルドは言葉を切ってオリシスを見た。
「アリアは自分の意志でラースローと共にいるのだと思う」
 もし人質のように連れられているのだとしたら、アリアならラースローを殺してでも逃げる事は出来たはずだった。そうでなくてもなにかしら手がかりを残せたはずなのに、この半年近くの捜索には全くそういう気配は感じられなかった。ラースローに操られているのか、若しくはもはやこの世に居ないかも知れないとも思った。だがアリアは自分よりも先に、この事件に関わる自分達の存在の意味をわかっていたのではないかと思った。アリアもアリアなりに感じていたのだろう。この事件にまとわりつく違和感を。ラースローがどういう人間なのかはわからない。だが、逃げろと言ったのにも関わらずアリアがあのコーツウェルの屋敷に留まっていた事を思うと、ラースローの心になにか感ずるものがあったのかもしれない。アリアがラースローと共に行動しているとオリシスに聞かされた時も、エドアルドはどこかでそう感じていた。
「アリアはとっくに自分の道を見つけていたんだ。そう思ったら、これ以上捜せなくなった」
「だがおれは捜す」
 オリシスの低い声が聞こえた。
「見つかる事もおれは望んでいる。それがオリシス、おまえならおれは何も言わない」
 アリアの初恋をかなえてやりたかった。幸せになってもらいたい。だが、一番思う相手であるが故にアリアはオリシスと決して結ばれないのではないかとエドアルドは思った。
「もしアリアが幸せそうであったなら、頼む。見のがしてやってほしい」
 オリシスは何も言わなかった。春の冷たい風が吹き抜けた。
「おまえには最後まで世話をかけるが」
「いや」
「いつかまた会おう」
「ああ」
 片手を上げてエドアルドは馬を走らせた。どこまでも暗い広野を駆け抜け、暗い冬から温かい春へと走り去るエドアルドの後ろ姿を、闇にとけ込むその背中を、オリシスはいつまでも見送っていた。
 ポチっとお願いします→
 半年が過ぎようとしていた。
 オリシスは新政権の仕事や旧国王派の残党の処理で、タニアを離れる事なく忙しい日を送っていた。 
 エドアルドからは報告は入る。しかしラースローもアリアも、そしてキアヌもラティアの行方も依然と行方が掴めなかった。
 そんな折にエドアルドが一時タニアに戻って来た。国王に呼ばれたのと、エドアルド自身の理由からだった。
「貴公の報償が決まったぞ」
 タニアについたエドアルドをオリシスとカルロス・モドリッチが出迎えた。本来なら既に半年前に決まってもいいことだったが、
「カルマール家の元領地、カンタリアに帰れることが決まった」
 所有していた貴族の領地替えなどの問題を片づけるのに時間がかかったのだとカルロス・モドリッチは言った。
エルネスト・カルマールが所有していたカンタリア領並びに爵位の返還がこのたびのエドアルドの働きに対する報償だった。 
しかしエドアルドは眉をひそめた。
過分な報酬だとエドアルドは思った。ラースローやキアヌの行方がまだ掴めていないし、それに働きと言っても、ティスナを捕まえ、オレアルを切ったことだけだ。誰でも出来る。領地を授かるほどのことでもない。
「嬉しくないのか? やっと汚名が晴らせたではないか」
 カルロス・モドリッチがエドアルドの様子に声をかけた。
「嬉しいさ。誰よりもきっと」
 エドアルドはカルロス・モドリッチの手を握り返した。嬉しくないわけではない。父の望みが叶った。しかも家の再興だ。
『アリア…』
 メルキオは厳かに国王の椅子に座った。
 エドアルドはラースロー捜索の状況を報告した。北を中心に捜しまわっていたが、冬の間は雪深く、思うようにはかどらなかった事などを告げ、未だ手がかりも見つからない事を詫びた。
「致し方あるまい。あやつがまた呪詛を行うとは思えないが、王妃の心労はひどい。次のマテオ、いや、わしにまで呪詛が行われるとおびえきっておる。わしとてカミーラやユーシスを殺された恨みは深い。なんとしてでも探し出して息の根を止めたい」
 息の根を止める…か。エドアルドは小さくわからないようにため息をついた。
 その後、正式にエドアルドへカルマール家のかつての領地と子爵の称号が受け渡されようとしていた。エドアルドは捜索の任をしばらく解かれ、カルマール家再興のため、領地に赴くよう言い渡された。
「あの事件にはわしも心を痛めていた。これでエルネストに報いることが出来るな」
 そんなようなことをメルキオは言った。
「では、ここにご署名を」
エドアルドは差し出された羽根軸を手にとった。書面の文字を追うが、頭の中には入ってこなかった。何も書かずにそっと羽根軸を書面の上に置いた。
 そこにいる皆が、エドアルドの行動に目を疑った。エドアルドはメルキオに向き直った。
「どうした、なぜ署名をしない」
 問いかけるメルキオに、エドアルドは言った。
「領地や爵位はいりません」
「なに?」
「私をただの国民として頂きたく思います」
「なんだと?」
メルキオが椅子から立ち上がった。
「何もいりません。私が望むのは自由です」

エドアルドは王宮内に拘束された。エドアルドを自由にすることはもはや出来なくなっていた。この事件に深く関わり過ぎている。そのまま解放するには知り過ぎているのだ。メルキオに仕えれば問題はなかった。エドアルドにその気があろうとなかろうと、事の機密保持や他の臣下の手前、メルキオの政権から離れることを許さなかったのである。
 エドアルドにとっても充分承知していた処置であった。
 それでもこのまま宮中に身を投じる気にはなれなかった。一時は思った。メルキオの元で名をあげ、カルマールの家を盛り返す事を。しかし、疑問はいつもついて回った。今回のラースローの追跡でさらにそれが深まった。
 閉じこめられた一室で、エドアルドは大人しく黙っていた。部屋の外には見張りの兵士がいるはずだった。強行に逃げようとは思わなかった。従わないが為に殺されてもいいと思っていた。だがこのままでは死なない。
 部屋の扉が開かれた。
 入ってきたのはオリシスだった。
 ポチっとお願いします→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。