夢のはざま

鏡女王の物語【水鏡】連載中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ポチっとお願いします→
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
武久縞です。

自作小説をほそぼそと更新しています。

ブログ紹介のかわりに目次をつくりました。はじめての方はこちらからどうぞ。


 【水 鏡】 大化改新から壬申の乱へ。鏡女王の物語
       ~おれが恋をしたのは、月のように冴え冴えとした瞳の
        神に仕える巫女だった~
   
   略系図
   序    #1 #2 #3 #4 #5
   其の一 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10
   其の二 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9
   其の三 #1 #2 #3 #4 #5 #6



【夢のはざま】 直木三十五の「南国太平記」の中世ヨーロッパ版
         ~王宮の陰謀を阻止するため立ち向かう
          アリアとエドアルド兄妹を巡る物語~  

  あらすじ  登場人物
  序章
  第1章 #1 #2
  第2章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第3章 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8
  第4章 #1 #2 #3 #4
  第5章 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7
  第6章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第7章 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8
  第8章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第9章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第10章 #1 #2 #3 #4 #5
  第11章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第12章 #1 #2 #3
  第13章 #1 #2 #3 #4 #5
  第14章 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7
  第15章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  第16章 #1 #2 #3 #4 #5
  第17章 #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8
  第18章 #1 #2 #3 #4  #5 #6 #7
  第19章 #1 #2
  第20章 #1 #2 #3 #4 #5 #6
  終章



スポンサーサイト
 ポチっとお願いします→
何気なく再開してしましたが、長い間更新もせず、申し訳ありませんでした。

当方、子猫を拾いまして、里親が見つかるまでの1ヶ月ちょっと、ほとんど猫にかかり切り状態。

我が家に先住の猫二匹もストレスが最高潮に達し、家の中はもう家庭崩壊寸前の有様。

こんな時におちついて小説を書けるワケもなく(というよりパソコンあけるやいなや、先住猫のオシッコ攻撃が始まるもので)

おかげさまで四匹いた子猫は全て猫好きの方にもらわれていきました。

やれやれ。

内緒にしていたわけではありませんが、私、このブログの他に三年前から別のブログも立ち上げており、猫騒動の話は、そちらに(会社から)記事投稿しておりました。 
日々の事や同居猫、ドラマ視聴の感想を綴ったバカ騒ぎブログです。私の書く小説と私のおバカな日々は接点を持たせたくなかったのですが、そのうちリンクもしようかと思っています。 
…しないかもしれません。


何はともあれ、とにかくこれからも 「夢のはざま」をどうかよろしくお願い申し上げます。


武久縞




 ポチっとお願いします→
keizu

↑画像をクリックすると拡大します
 ポチっとお願いします→
長く本編「夢のはざま」をお休みさせて頂きました。

私事の諸事情によるものです。

まあ、同居猫が原因不明の下半身麻痺になったり、資格試験勉強だったり、でもって試験中時間を間違えてパニくったり、おまけに法事が毎週のように…。おまけのおまけで忘年会が毎日のように…(←ウソです)

えー、コホン。
楽しみにしてくださっている皆様(いるのかしら)も、そうでない方も、これから「夢のはざま」は佳境に入っていきます。どうか、最後までおつきあいください。

武久縞
 ポチっとお願いします→
続きまして、【漢字編】です。

正直に申し上げますと、漢字は非常に苦手です。
漢字を好き嫌いで見たことはないので、上手く回答できるかどうか…。
何しろ、私の本名は万葉仮名で構成されていて、その漢字自体に意味などない名前なものですから。

●好きな漢字を三つ

北 小学校2年生の書取りの時、「バランスが良い」と
褒められたことがあったので。

縞 私、武久縞の一字です。
  ただ単にストライプとかボーダー柄が好きなだけです。
  深い意味はありません。

和 一九さんから頂いた、私をイメージする漢字です。
  聖徳太子のかの有名な言葉「和を以て貴ぶ」の和ですね。
  いつか自分の小説にこの言葉を名前にした「以和貴(いわき)」
  という人物を登場させてみたいと考案中です。

●前の人が1問目で答えた漢字について自分なりのコメントを

偽 ニセもの。まがい物。人の手が加わると…という意味ですか。
  なるほど。
  建物の設計で、本物の木を使いたいところを偽物の木を
  使ったりしています。
  建築物そのものが自然から反したものなのですけどね。

君 「くん」と読めばくだけた関係、もしくは年下の呼び方。
  「きみ」と読めば、我が君とか背の君という自分にとって
  かけがえのない人への尊称。変幻する漢字です。

信 信用が仕事の第一条件。(何かの宣伝みたい)
  でも信頼感がなければ何事もうまく運びません。

●前の人にこれについて答えて!と回された漢字

光 光がなければ人は前に進むことができませんが、
  光が当たる裏側にはいつも影が。
何事も二面性をもつことを意識しています。

義 今の世の中にかけているもの。

絆 だからこそせめて大切にしたいもの。 

●次の人に回す言葉を三つ







●漢字の事をどう思う?

今は極東の共通語ですがもっと世界に広めれば、英語が話せなくとも世界中で筆談は出来るかも。私の密かな野望です。

●最後に貴方の好きな四文字熟語を三つ教えて下さい

弱肉強食
一刀両断
先手必勝

あらら、思いついたものを羅列したら、こんな熟語が…。
今まだ気分的に仕事モードに入っていました。
信頼とかなんとか言っていた私ですが、実態はこんなもんです。

●バトンを回す人7人とその人をイメージする漢字を

これを読んでくださった方に、「幸」あらんことを。


難しいですねー。
私の人生の中で、漢字を考えたことなど無かったように思います。
それが分かっただけでも、自分にとって+プラスだったかも。

 ポチっとお願いします→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。